「集客の仕組み」を作りたければ一番初めにやるべきことは。。。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

From:新井翔平

 

 

いつも「考え」や「主張」ばっかりを配信してるけど、

たまには集客のことやマーケティングのことを、、、

 

というのも、

 

ご相談の度に毎度話すのもちょっと面倒になってきたので、あわよくばこの記事が人気上位になってくれて、毎回人目につくようにと願いを込めて笑

 

 

 

既存客既存客既存客!!!!

 

 

本質論から先に話すと、バケツの穴を塞がない限りコストがかさみ続ける。

 

今、

多くのネットで集客の情報を仕入れようとしている人には、

なかなか理解したくない事なんじゃないかと思う。

 

「FBで簡単に顧客を見つける」

 

「LINEで情報発信するだけであなたのファンが勝手につく」

 

「youtubeで100万PVを達成し一気に商品を売る」

 

みたいなキャッチーな言葉ばかりですからね。

 

ただ、

本当に「核」を抑えるなら

売れる仕組みは結局のところ

「集客」→「情報提供・関係構築」→「販売」→「顧客化」

です。

 

僕はマーケティングの解説をする上で、

一番表現が易しいと思うのが経営コンサルタントの石原明さんの

『4stepマーケティング』だと思っています。

 

 

石原先生自身は、

 

「4stepマーケティングは世界で初めて僕が作ったんだ!」

みたいなことを言ってるけど、そんなこたない。

 

アメリカでは100年以上前からずっと

ダイレクトレスポンスマーケティングは使われていて、

研鑽されてきた。

 

ただそれを、

かなり理解がし易い概念にまとめてくれたのは石原先生だと思ってます。

 

他にもいろんなコンサルタントのマーケティングの入門書はあるけど、

まずは石原明の

「営業マンは断ることを覚えなさい」の

5章から8章に4stepマーケティングの詳細がある。

 

それと神田昌典の「あなたの会社が90日で儲かる」これは鉄板。

 

まずはこれだけでいいと思うんですよね。

 

 

定着してくれた顧客が、一生涯どれくらいのお金を使ってくれるのか?

 

この数字を厳密に(仮にでもいい)

出しておかないと、

「集客」のステージでどれくらいの予算を使えるのかが全く見えてこない。

 

今までは正直、あまり、こうゆうマーケティングちっくな話は書きたくなかった。

 

この「一生涯に自分の顧客が使ってくれるお金」の額をLTV(ライフタイムバリュー)という。

 

僕らマーケターが見る数字の中で最も重要な数字の一つ。

 

 

例えば

あなたが、街のお茶屋さんを経営していて、

ご近所の常連さんが1回の取引でおよそ3,000円のお茶っ葉と、

茶菓子と海苔を買ってくれるとする。

 

それが月に1回。

 

年間でトータル36,000円の支払いをしてくれる。

 

このお茶屋さんの常連さんが定着していてくれる期間が仮に5年だとしたら、

一人の常連客は、18万円の価値をもたらしてくれることが(机上だけど)見えてくる。

 

極論すれば、

「集客」と「定着化」の為に18万円までならかけられることが分かる

(現実的には固定費人件費はきちんと引いておくこと)。

 

 

当たり前すぎる真実。「集客」は金さえあればどうにでもなる。

 

新規集客はお金をかけた方がいい。

 

お金をかけた方が質の高い見込み客が集まるし、

事業の時間短縮もできる(何度も言ってるけど、重要度はお金<時間)。

 

そのためには、

「後ろ」で顧客が支払ってくれる総額を引き延ばす努力をし続けないといけない。

 

リピート回数を増やすことや、単価アップ。

 

そのためにニュースレターを毎月送って、

教育し、

豊かな関係性を育み、

購買期間を延ばす。。。

 

 

「後ろ」で顧客が落としてくれるお金の総量が増えれば、

「入り口」の集客はお金を注ぎ込めばいい。

 

普段有料で販売している「入り口商品」を無料で配ることも出来る。

複数の媒体に広告を出すことも出来る。

 

何が言いたかったかと言うと、

集客の仕組みを作ろうと思うなら、

遠回りに見えるかも知れないけれど、

 

 

既存客との関係性を豊かにし、

 

何度も買っていただける(あるいは紹介が広がり続ける)関係を築き、

LTVを限りなく引き延ばす。

 

そうすることで「入り口」の新規集客にはお金を注げば済むようになる。

 

大事なことは「集客」ではなく、

「顧客との関係性」をもう一度温めなおすということ。

 

一旦、今日はここまで。

 

 

PS:

無料相談を始めようと思います。
【事例】
✔︎ コンサルタントがたった53,580円のFAX通信コストで60件の反応を獲得して、3か月で200万円の売上
✔︎ 治療院先生が15,600円分のハガキDMで27名の患者を集める
✔︎ 美容室オーナーがオリコミチラシで30日で41人の新規客を集客
✔︎ 生保営業マンが既顧客100人にニュースレターで3件の紹介を獲得
などなど。。。

あまり難しく集客を考えないでください。

ネットを使えないイケナイ、

なんて嘘です。

業者に騙されてるだけです。

まずは手書きのハガキを既存客に出してあげてください。

喜びます。

紙とペンと切手から集客は出来ます。

既存客が喜べば、

勝手に新規は集まります(極論!)。

長くなりそうだから、

詳しくはこちらで、、、

まずは月5名まででお願いします。
無料相談お問い合わせ

無料相談お問い合わせ
お名前  *
Eメール  *
TEL  *
会社名  *
ご相談内容  *

PPS:
メルマガ登録はこちらから^^!!

メルマガ【マーケティング習慣】
名前  *
Eメール  *
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*