あなたの勝ちパターンを見つけること。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

名称未設定.001

 

From:新井翔平

 

 

どうすればもっと儲かるんだろう?

もっと富裕層を狙えばいいんじゃないかな?

単価を上げてみようかな?

もっと買ってくれそうな人がいる場所に拠点を移そうかな?

 

 

正解がないビジネスだからこそ、

 

みんな悩むし、みんな考える。

 

どうしたらもっと売れるだろう。

この切り口じゃ儲からない。

この客層だとおいしくない etc…

 

 

僕らがやってるのはビジネスだし、

資本主義経済の中で生き抜いていくことは簡単じゃないし、

厳しい世界だし、

「良い人」なだけじゃやっていけない。

 

 

変えて良いところと、変えちゃいけないところ。

 

柔軟に合理的に改善し、変えていくべきところはたくさんある。

 

広告のヘッドラインや、

配信する媒体であったり、

メッセージのコンセプトだったり、

仮説の元に走らせた施策が上手くいかなかったら、
どんどん改善するスピードを早めて、
なるべく早く「自分だけの最適解」を見つけなきゃいけない。

 

 

でも、

 

 

同時に忘れちゃいけないことは、

 

 

何のためにこのビジネスを始めたんだっけ?

 

確かにビジネスの収益は、

「誰に売るか?」

でほとんど決まる。

 

20代の結婚したての夫婦よりも、

高級住宅地に住む引退世代の老夫婦の方が当然金払いはいい。

 

過疎地よりも、都心部の方が平均所得はやっぱり上がる。

 

儲かるかどうかで行くなら、

「お金を持ってる人」

を相手にすることは間違いがない。

 

 

 

 

先日、とある交流会で出会った、

訪問を専門としている治療家の先生が、

 

「今の拠点では儲からないので、場所を移そうと思うんです。」

 

「子どものスポーツ障害などを対象にしていたのですが、
単価が上がらないので老人向けの
身体のメンテナンスなどをサービスの主軸にしようかと。。。」

 

 

 

 

ご自身で十分、検討に検討を重ね、

やれるマーケティングの施策をやり切って、

それでも納得の年収にすることも難しく、

それであれば売る対象を変えた方がマシだな、と、

心の底から、その先生本人が、

納得してるのなら、それでいいと思う。

 

 

でも、

 

 

あなたはなぜそのビジネスを始めたのですか?

 

よく聞くと、

自分自身がかつて野球少年だった頃、

本気でプロを目指してたけど、

高校生の時に怪我で選手生命を諦めざるを得ず、

人生に迷っていた時、

リハビリの先生の言葉で励まされ、

生きる希望が湧いてきた、と。

 

 

自分もスポーツで挫折した若者たちに

希望を届けることが出来るような、

そんな治療家になりたいと願って、

勉強し、

やっとの思いで開業した。

 

 

 

戦術として、

このターゲット層も含めることによって、

効率よく儲かるからそこも拾っちゃおう。

 

 

これは、正直、ありえる。

 

でも、

 

 

あなたの「情熱」の形がひん曲がる程、
ビジネスモデル変えちゃいかんでしょ。

 

マーケティングはめんどくさい。

 

集客はめんどくさい。

 

楽して儲かる方法なんてこの世にない。

 

生きるってことは大変なんすよ。

 

金をもらうって大変なんすよ。

 

勝ち続けるには、

 

ライバルが音を上げる程、めんどくさいことをコツコツと、

コツコツと、

コツコツと、

やり続けられるかどうかなんすよ。

(だから俺も飲みの後に今ブログ書いてんすよ。。。)

 

 

自分にウソつきながらその面倒くささに耐えられる?

 

僕は無理です。

 

そりゃある一定の期間、

大量行動に身を任せて体がズタボロになるような経験も大事ですよ。

 

でも、そのうち何か外部の責任にし始める。

 

 

自分の人生を生きていない起業家は、

不都合な事実を他人のせいにし始める。

 

僕も以前の代理店販売やってた時はそうだったな〜笑

動機がお金でしたから。

 

 

戦略的に、効率的に、合理的に儲かる方法を模索する。

 

同時に、

 

あなたの「情熱」にも耳を傾けないといけない。

だって、生きてて楽しくないじゃん。

 

(しかも彼の場合、解決策は見えてる。

地元に帰ったほうが良い。

自分で無理だと思い込んでるだけ。)

 

 

ビジネスは自分のことを大好きになるプロセスだ。

by 経営コンサルタント 今井孝さん

 

 

 

PS:

無料相談を始めようと思います。

苦手だけど笑

ついお節介で喋りすぎてしまうから、あまりコンサルに向いてないんじゃないかと思ってしまいます。

【事例】
✔︎ コンサルタントがたった53,580円のFAX通信コストで60件の反応を獲得して、3か月で200万円の売上
✔︎ 治療院先生が15,600円分のハガキDMで27名の患者を集める
✔︎ 美容室オーナーがオリコミチラシで30日で41人の新規客を集客
✔︎ 生保営業マンが既顧客100人にニュースレターで3件の紹介を獲得
などなど。。。

あまり難しく集客を考えないでください。

ネットを使えないイケナイ、

なんて嘘です。

業者に騙されてるだけです。

まずは手書きのハガキを既存客に出してあげてください。

喜びます。

紙とペンと切手から集客は出来ます。

既存客が喜べば、

勝手に新規は集まります(極論!)。

長くなりそうだから、

詳しくはこちらで、、、

まずは月5名まででお願いします。
無料相談お問い合わせ

無料相談お問い合わせ
お名前  *
Eメール  *
TEL  *
会社名  *
ご相談内容  *

PPS:
メルマガ登録はこちらから^^!!

メルマガ【マーケティング習慣】
名前  *
Eメール  *
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*