ウサギとカメの話のホントのトコロ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

 

From:新井翔平

 

 

年の瀬の振り返り。

 

 

 

来年の目標を設定するにあたり、自分は何者なのか?から振り返っています。

 

どんな世界を作ろうとする誰なのか?

 

これを考えていた時にふっと思い出したエピソードが、、、

 

 

 

うさぎと亀の話のホントのトコロ。

 

 

 

これは完全に僕の昔話です。

 

知ってますよね?

 

「うさぎと亀の話」。

 

 

 

多分あなたも、

 

 

 

この話のオチは、

勤勉で、

真面目に、

サボらずに、

ひたむきに、

亀みたいに頑張ることって、

大事だよね。

 

 

うさぎみたいに、

サボっちゃだめだよね。

 

 

そんな風に思ってると思うんです。

 

僕もそうでした。

 

 

 

僕の一番初めのメンターとの出会い。

 

 

 

中学生の頃にさかのぼります。

 

サッカー少年でゴールキーパーだった新井は、

ともすればあちこち怪我だらけになる、

というか、ゴールキーパーなんてポジションは半ば、

「怪我することが仕事」みたいなポジションなわけですよ。

 

 

至近距離でフルスイングのキックを食らったり、

無防備にジャンプ中の肋骨にガチの頭突きを食らうわけです。

 

 

 

もう二度とやらんわあんなもん。。。怒

 

 

 

今は正直サッカーよりもラグビーの方が好きな新井ですが、全てのスポーツ選手の中で、僕の永遠のヒーローは今でも川口能活です。

 

 

はい。

 

 

なんの話でしたっけ。。。

 

 

 

あ、そうそう、

怪我をよくするので、

地元の整体院に通い始めるんです。

 

 

そこで出会った人が、新井の人生最初のメンターです。

 

 

 

彼にはサッカー以外にも、

 

 

 

受験の時も、精神的にとても支えてもらいました。

 

 

模試の結果が返ってきて、第一志望の偏差値65くらいする高校への合格可能性が、、、

 

「E」判定とか、

 

「D」判定とかで返ってくるわけです。

 

 

 

「無理無理〜」

 

 

 

「お前になんか無理だよ〜」

 

「諦めろバ〜カ〜」

 

と全力で言われるかのような、

 

冷酷無慈悲、

 

かつ厳然たる事実を突きつけられるわけです。

 

 

 

確か12月くらいになっても依然、偏差値50くらいで、どれだけ地道に頑張っても偏差値が伸びないわけです。

 

 

周りの人たちが順調に偏差値を伸ばしている時に、なんで自分だけはこのままなんだろう。。。

 

やっぱ頭のデキが違うのかな。。。

 

諦めた方がいいのかな。。。

 

やっぱりあいつらとは違うんだな。。。

 

無理だな。。。

 

そうやって中学生の新井は整体院まで来てグチグチ言ってたわけです。

 

 

 

その時先生が言ったことが、、、

 

 

 

「翔平くん。。。」

 

 

 

先生「うさぎと亀の話って知ってる?」

 

新井「知ってますけど。」

 

先生「アレ、なんで亀が最後に勝ったか知ってる?」

 

新井「え?亀はサボらず頑張ったからとちゃうんですか?」

 

先生「ちゃうで。」

 

 

新井「え?何がちゃうんですか?うさぎはサボったからですよね?」

 

 

先生「じゃなんでうさぎはサボったんやと思う?」

 

 

 

新井「ん〜〜〜〜。。。。。。。。」

 

 

 

先生「うさぎがサボったのはな、、、」

 

 

 

新井「はい。」

 

 

 

 

先生「亀を見てたからやで。」

 

 

 

 

新井「へ?」

 

 

 

 

先生「うさぎは亀を見てたからサボってん。」

 

 

 

 

 

新井「ハァ。。。」

 

 

 

 

 

先生「じゃ、なんで亀はサボらんかったんやと思う?」

 

 

 

 

 

新井「それは。。。」

 

 

 

 

 

先生「それは???」

 

 

 

 

 

新井「亀は、、、」

 

 

 

 

 

先生「亀は???」

 

 

 

 

 

新井、すでに泣きかけ笑

 

 

 

 

 

新井「亀は、、、ゴールだけを見てたからですか?涙」

 

 

 

 

 

 

 

 

先生「せやで。」

 

 

 

 

 

 

先生「亀はゴールだけを見てたからサボらんかったんやと僕は思うねん。」

 

 

 

先生「うさぎは逆にゴールを見ずに、亀ばっかり見てたから『寝る』って判断をしたわけやわな。」

 

 

 

先生「今、翔平くんが見るものは何なんやろか?」

 

 

 

新井「(号泣)◯×△⬜︎*☆〜〜〜〜〜ッッッ(ゴールですッッッ)!!!!!」

 

 

 

 

あなたにとってのゴールは何ですか?

 

 

 

 

どこを見るか?

 

それによって、行動は変わるはずです。

 

 

周りを見れば、どれだけ頑張っても満たされない思いに苛まれるかも知れません。

 

あなたの人生にとって本当に価値あるものは何でしょうか?

 

 

お金?

 

自由なライフスタイル?

 

家族?

 

 

なんだっていいと思います。

 

 

ムーミン谷のスナフキンは言ってました。

 

 

大切なのは、

自分のしたいことを知ってるってことだよ。

byスナフキン

 

 

 

あなたがどこに向かう誰なのかによって、

 

来年、

 

あなたがとる行動は変わるはずです。

 

 

途中で昼寝をするのか。

 

ひたむきに歩み続けるのか。

 

 

 

とりあえず年収1,000万!

 

これもいいと思います。

でももう一歩踏み込んでみてはどうでしょう?

 

何のために?

 

どうなりたくて?

 

そのお金が欲しいのか。

 

 

この12月の喧騒も25日を過ぎれば収束に向かうでしょう。

 

じっくり考えて見る時間を作るのはいかがですか?

 

 

あなたが、

どこへ向かう、

誰なのか。

 

 

あらい

 

 

 

PS:

 

その後、亀のようにコツコツ勉強を続けた新井は、

 

1月の模試で嘘のような成績向上を果たし、

 

2月の受験で第一志望の偏差値65の高校に入学できました。

 

あの時、

 

このエピソードを聞かなければとっくに諦めてたかも知れませんね。

 

 

P.S.

 

 

無料レポート

 

webやネットを使わずに低コストで売上が今すぐ上がってしまう5つの方法

絶賛プレゼント中

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*