人としての本当の優しさは自立を届けること。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

From:新井翔平

 

 

押し付けっぽいタイトルは嫌な気がする。

 

あくまで今の時点での僕の「考え」なので、重く取らないでくださいね。

 

 

 

僕が、自分の子どもが3歳の誕生日を迎えたらしてあげたいこと。

 

 

 

それは、目覚し時計をプレゼントすること。

 

実はこれ、僕の母親が僕たち5兄妹全員の3歳の誕生日にやってくれたこと。

 

 

 

「これで今日から自分で起きられるね」

 

 

 

そう言って母はそれ以来、雨の日も風の日も、僕たちを朝起こすことはなかった。

 

無いってことはなかった気がする笑

 

たま〜にあったかも。

 

でも基本は起こさない。

 

弁当を作ってくれたら、基本は子どもが起きて来なくても関係なく2度寝する。

 

24歳で僕を生んだ、若い頃の母が一本。

 

持っていた信念。

 

 

それは、

 

 

 

子どもが20歳になった時、自分がいなくても生きていけるようにする。

 

 

 

手前味噌ですみませんm(_ _ )m。

 

しかし、

我が母ながら、

24歳ですよ?

 

なんやねんその覚悟。

 

そんな環境で育った為、例えば中学校で同級生が遅刻した時、

「今日なぁ、オカンが寝坊したから家族全員遅刻やわ。勘弁してほしーわホンマ。。」

この言葉の意味がどれだけ頑張っても理解できませんでした。

 

今ね、リサーチしてて思うんですよね。。。。

 

僕がダイレクトレスポンスマーケティングに出会った理由。

 

それに惚れ込んでいる理由。

 

27歳で営業コンサルとして独立したけど、売れなくて困ってた時に助けてくれたこと。

 

もちろんそれもある。

 

でももっと大きなもの。

 

 

それは、、、

 

 

 

「テスト改善の哲学」だと言うこと。

 

 

 

正解なんてない。

 

全くの白地。

 

それでも、何とか売れてるライバルがやってる方法を分析して、「売れそうな手」をまずは試してみる。

 

今まで一番たくさん買ってくれた、気持ちの良い優良顧客にインタビューして、その人がどんな悩みを持っていて、どんな生活をしていて、どうなることを願っているのか。

 

どんな静かな絶望を抱えていて、どんなことに承認を欲し、この人生を通じて何を実現することを望むのか。

 

息遣いが、脈拍が、鼓動が聞こえるくらい、肌で感じ、寄り添い、共感し、感情的に同一化することを目指す。

 

すると、

 

優良顧客の琴線に触れる、「可能性の高そうな言葉」が見えてくる。

 

そこから「売れそうな」コピーが生まれる。

 

 

 

ゼロからそこそこのものは出来た。まずはテストしよう。

 

 

 

1発目で当たる?

 

それで当たれば世の中億万長者だらけでしょ笑

 

当然そんなことはまずない。

 

当初立てていた仮説が見事に裏切られることだってある。

 

ただ、ダイレクトレスポンスのマーケターはそれでヘコタレナイ。

 

むしろ「失敗する方法」が手に入ったことを感謝し喜ぶ生き物。

 

新たに手に入った材料から次のテストの準備をする。

 

前回よりも精度は上がってる気がする。

 

もう一度市場にテストする。

 

 

 

おっ!前よりは良くなった、でもまだ損益分岐を下回る、、、

 

 

 

また新たなデータを手に入れて改善。

 

よっぽど的外れなデータしか出て来なければ、そもそもマーケットが求めていない商品だった可能性もあるから、もう一度リサーチをやり直す。

 

そうでないなら、この調子で何度かテスト改善を繰り返せば、いずれティッピングポイント(臨界点)を迎えるまで頑張る。

 

 

 

母は3歳の時の僕らに、「自立の種」を植えてくれた。

 

 

 

人生も一緒だと思う。

 

正解なんてどこにもない。

 

全くのゼロから、「最適解」にたどり着くプロセスは、自分で見つけなくちゃいけない。

 

今、新しいクライアントのリサーチをしてたけど、

 

ちょっと規模が今までに無いとこだったから、

 

やってる僕自身、どうなるか予測がつかない 笑

 

マジで予測がつかない。

 

傾向はわかる。当然。

 

理論的にも、きっとこうなるって気はする。

 

でも、未知のものに直面すると、若干、

 

 

僕も、、、

 

 

 

足がすくむ 笑

 

 

 

そんな時に、

一度外に出て空気を吸って、

深呼吸してみる。

 

肩の力を抜いてみる。

 

すると、

ちょっと気が楽になる。

 

「やってダメなら仕方がない。」

 

「出たデータをもとに改善しよう。」

 

「正解はないんやし。」

 

 

 

僕がダイレクトレスポンスマーケティングが好きな理由。

 

 

 

ゼロから「最適解」を見つけ出す哲学、それそのものがDRMだと言うこと。

 

独立して、

しばらくクライアントを持つようになって、

ちょっと忘れてた気がするな〜。

 

確かに「集客」「代行」は経営者にウケやすい。

 

「代行」そろそろ取ろうかな笑

 

(ってか、僕の代行月12万って絶対安いわ、、あかんあかん、、値上げしよう)

 

 

僕が今やってる仕事には、

 

母からもらったギフトも、

 

脈々と活きてる気がする。

 

 

 

自分で、その時々で判断し、

 

たとえ転ぼうとも、

 

自分自身の力で立ち上がり、

 

一歩一歩でも、

 

着実に、

 

「最適解」へと近づいていく

 

そんな力。

 

 

 

コンサルタントとして、

人として、

そしていつか、

父親として。

 

そのギフトを次に届けていきたいと思う。

 

 

あらい

 

 

P.S.

 

 

無料レポート

 

webやネットを使わずに低コストで売上が今すぐ上がってしまう5つの方法

絶賛プレゼント中

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*