嘘をつくな。人の為ぢゃない。自分の為だろ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

From:新井翔平

 

ニコタマのネイバーフッドコーヒーから。

 

 

 

漢字ってのはよく出来たもんで、

信者がたくさんいると「儲かる」って読むし、

人の為って書いて「偽り」って読む。

 

 

「信者」と「儲」は本当秀逸だなーと思う。

 

 

 

契約するだとか、成約するだとかって言葉を、マーケティング的には「コンバージョン」と言う。

 

conversion

 

 

この言葉の2番目か3番目かにある意味で、「改宗」ってのがある。

 

要するに、

 

一人の人間が、ある宗教にのめり込んでいくプロセスをコンバージョンと呼ぶし、

 

一人の消費者が、ある商品を購入して、その会社にのめり込んでいくプロセスもまたコンバージョンと呼ぶ。

 

 

全てのビジネスは顧客をランクアップさせていかなきゃいけない。

 

 

そしてランクアップの行き着く先は「信者化」だ。

 

 

信者の何が経営者にとって都合がいいかって言うと、、、

 

 

 

固定費のかからない異常なモチベーションを持った最強の営業マン。

 

 

 

化粧品の対面販売とか(ポ◯ラレディとかさ)、

 

ネットワークビジネスとか、

 

たまにいるでしょ?

 

 

異常なモチベーションを持った人。

 

 

異常なモチベーションは、経営者からしたら都合がいいかも知れないけど、得てして「間違った信者」と言われる人たちには、常識的な「共感力」がもはや失われているから(ゾンビのように)、一般の僕達からしたらウザくて仕方がない。

 

結論ありきで売り込んでくる。

 

 

おっと、危ない危ない。。。

 

ここら辺のディープな話はまたセミナーでお話しします。

 

 

 

嘘をつくな。「金の為です」って言えよ。

 

 

 

どうしたんだろうってぐらい今日の僕はブラックな新井です笑

 

何かね~~、、、

腹が立つとかじゃなくて、

可哀想に感じるんです。

 

 

これさえも僕の価値観だから、押し付けちゃいけないんだけど、、、

 

 

 

「保険の素晴らしさを知ってほしい」

 

 

 

って言う人。

 

僕は前職が営業コンサルだったし、一番の顧客は外資系生命保険の営業マン達だった。

 

かなり多くの生保営業マンと会ってきたけど、僕なりの分析では彼らが保険を売る動機は3パターンに分類される。

 

 

(1) ガチで家族が保険で救われた

 

(2) 自分をリクルートしてくれたマネージャの人としての魅力がヤバい

 

(3) 金に目がくらんで

 

そしてこの3種類の割合は大体こんな感じ。

 

 

 

1:2:7。

 

 

 

大体「金に目がくらんで」が70%。

 

当然それを表に全面的には出せない。

 

だからオブラートに包んで「保険の素晴らしさを知って欲しい」って言ってる。

 

 

ちなみに、

成績が一番いいのは(2)のマネジャーの人間力に憧れてて、彼のような男に自分もなりたいと頑張る人(新井調べ)。

 

ここら辺はダニエル・ピンクの「モチベーション3.0」って本が分かりやすい。

 

人には本来、金の為や外部からの賞賛の為ではなく、「純粋に成長したい、熟達(マスタリー)したい」って内面からくる、静かで力強いモチベーションがある。

 

 

このモチベーションは、

かなり純度が高く、

そうそう折れない。

 

 

 

でも、、、

 

 

 

金が動機だと、折れやすい。

 

 

 

結局、外側の何かや誰かとの「比較」の先に自分の幸せなんて無い。

 

大事なことだからもっかい書くけど笑

 

外の「誰か」や「何か」との「比較」の先に「幸せ」なんて無い。

 

 

オブラートに包んで、自分に嘘をつくことは、自分の幸せが何なのかに気づくことに遅れてしまう。

 

自分に嘘をついちゃいけない。

 

素直に、

「金の為です」って言って、

それを言ってる自分に違和感があるのなら、

何度も何度も自問自答して、

それでも違和感があるなら、さっさとそんな仕事辞めちまった方がいい。

 

どうせそこはあなたが「輝ける場所」じゃない。

 

 

やってるあなたが幸せじゃなくて、どうやって顧客を幸せにできる?

 

(*ここで大きな注意を一つ。

「何かを守る為」に戦う覚悟を決めてるのなら別。

何かってのは、「愛する人」や「子ども」のこと。

愛する人を守れてなくて「これは俺のやりたいことじゃ無い」ってのはちょっとね。。。)

 

 

 

 

あなた自身が満たされてなくて、どうやって顧客の人生の質を高めてあげられるんだ?

 

 

 

社会に対して、

与えても与えても減らない、

あなたの情熱の源泉を見つけること。

わからなくても探し続けること。

自分に嘘はつかないこと。

 

 

わかった?

 

 

 

優しいあらい。

 

 

PS:

 

無料相談を始めようと思います。

 

【事例】

・ コンサルタントがたった53,580円のFAX通信コストで60件の反応を獲得して、3か月で200万円の売上
・ 治療院先生が15,600円分のハガキDMで27名の患者を集める
・ 美容室オーナーがオリコミチラシで30日で41人の新規客を集客
・ 生保営業マンが既顧客100人にニュースレターで3件の紹介を獲得

などなど。。。

あまり難しく集客を考えないでください。

ネットを使えないイケナイ、

なんて嘘です。

業者に騙されてるだけです。

まずは手書きのハガキを既存客に出してあげてください。

喜びます。

紙とペンと切手から集客は出来ます。

既存客が喜べば、

勝手に新規は集まります(極論!)。

長くなりそうだから、

詳しくはこちらで、、、

まずは月5名まででお願いします。
無料相談お問い合わせ

無料相談お問い合わせ
お名前  *
Eメール  *
TEL  *
会社名  *
ご相談内容  *

PPS:
メルマガ登録はこちらから^^!!

メルマガ【マーケティング習慣】
名前  *
Eメール  *
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*