「過去の自分みたいな人を救いたい」とか、今の顧客からしたらどうでもいい。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

From:新井翔平

 

 

コーチング系の人には超絶耳が痛い話だと思うので、

嫌な人はこれ以上進まないでください笑

 

 

 

 

歯医者さんがこう言いました「やっぱり予防なんですよ」

 

 

 

 

至極正論です。

 

正論すぎて反論の余地なんて微塵もありませんよ。

 

ものごと、本質を突き詰めれば、『予防』や『日々のメンテナンス』に行き着くわけです。

 

どんだけのカリスマ美容師が超絶テクを駆使して、

スーパーイケてるヘアスタイルに、

カットしたとしても、、、

 

 

 

 

 

1年365日あるうちのたかだか8~10日間だけ。

 

 

 

 

 

それだけしか、

カリスマ美容師はあなたのヘアスタイルに関われないわけです。

 

ぢゃ、

残りの355日はどーすんの?って話になると、

 

 

 

 

 

日々の『自宅ケア』が1年間の97.3%を占めるワケです。

 

 

 

 

 

すんごく不都合なことを言っちゃうと、僕らのようなマーケティングの仕事でも、

「ノウハウ」や「テクニック」、

「たった90日で」、

「即効」系のコンテンツが一番売れます。

 

でもここら辺は本質じゃありません。

 

本質は、

コツコツ、

メンドくさいことを積み重ねて、

自分もライバルもやりたがらないことを、

ライバルが逃げ出すまで、

ライバルが参入するのが馬鹿らしいと思えるくらいまで、

コツコツやる以外にないワケです。

 

 

でも、これを前面に出しちゃうと、、、

 

 

 

 

 

売れない。。。。泣

 

 

 

 

 

分かってても人間やりたくないんです。

 

だから、

『予防』とか

『メンテナンス』とか

『習慣化』とか

『コーチング』なんて類の商品は、

入り口ではまず売れません。

 

なのに事業主は売りたがる。

 

 

 

 

本当にその商品のことをスゴイ、価値がある、社会が良くなると思ってるのなら、あなたがやることはデカイ声でわめくことじゃない。

 

 

 

 

 

「これスゴイんです!」

 

って暑苦しい雑音を一旦消して、

まず目の前の顧客が何を想って、何を感じて、どうなりたいと願ってるのか、

頼むから、まず目の前の顧客に共感してください。

 

 

それが素晴らしい商品を扱う人の責任です。

 

 

あなたがやることは「正論」を大きな声で叫ぶことじゃありません。

 

 

まず、顧客の頭の中に入り込んで、そこから逆算して、ストレスなく、

彼ら彼女らが、

あなたの商品を購入するプロセスを作り上げること。

 

 

 

 

 

それがあなたの責任。

 

 

 

 

 

 

そうやって、顧客をより良い世界へ導いていくことがあなたの責任。

 

 

 

もうね、

一番わけわからないのが、

「過去の自分を救いたい」系。

 

 

 

 

誰ですか過去の自分って。

 

( ̄Д ̄;;

 

どこにいるの?

 

( ̄Д ̄;;

 

今、いくら払ってくれるの?

 

そんなんいいから、とりあえず、

 

 

 

 

 

今、目の前にいるお客さんを救ってもらっていいですか?

 

 

 

 

 

今、

ココの、

市場に目を向けてください。

 

 

 

とは言え、

気持ち分からなくも無いですよ。

 

 

 

あなたの辛かった過去を否定するわけでは全然無くて、

むしろその過去のストーリーは、これからの顧客を惹きつけるために大切な手段となります。

 

 

 

あなたがそのビジネスをやる「情熱」になります。

 

 

 

そりゃわかります。

 

 

 

僕が言いたいのは、

 

 

 

 

 

過去の自分とか、今の自分とか、自分の商品に恋するんじゃなくて、頼むから目の前の顧客に恋してくれってこと。

 

 

 

 

 

に尽きるわけです。

 

この違いわかります?

 

 

あらい

 

P.S.

 

 

無料レポート

 

webやネットを使わずに低コストで売上が今すぐ上がってしまう5つの方法

絶賛プレゼント中

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*