あなたが直面する問題の答えは全て市場に落ちている。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

From:新井翔平

 

 

 

「アドバイスというのは最悪な行為」

 

経営コンサルタントの福島正伸先生曰く、

 

「アドバイスというのは最悪な行為」

 

だそうです。

 

 

それは、アドバイスをするという行為そのものが、相手を信頼していないことを表明するからだと。

 

そして、福島先生のコンサルスタイルは、どんな質問が来た時も、「君ならできる(⌒-⌒)」しか言わないと。。。

 

 

以前、福島先生の半年講座を受けていた時、

 

「ふざけたジジイだなオイ、、、」

 

としか思えませんでした。。

 

でも、今はなんだかわかる気がする。

(これが若気の至りってヤツか!)

 

 

 

自立を売って、依存を育てる。

 

 

自己啓発の世界では「自立」を商品にしながら、顧客をどんどん「依存」させていく輩がいます。

 

皆さんも気をつけてくださいね。

 

 

 

 

さて、、、

 

もし僕がマーケティングコンサルタントとして、

今、

どんな質問が来た時も、「あなたなら出来ます(⌒-⌒)」

と言った日には、

 

返金要請が来るか、

 

消費者庁に訴えられるか、

 

2chに書かれるか、

 

手元のショットガンで撃ち殺されるか、、、

 

 

いずれにせよ、今の僕のステージではよろしくない結果しか呼ばなそうなので、この返答を使うのはもう少し人生の先にします。

 

 

 

現実問題、

 

僕がよく返す返答が、

「成功しているライバルは何をやっているんですか?」

「今、あなたのファンになってくれている人とはどうやって出会ったのですか?」

です。

 

 

質問返しです。

めんどくさい男ですね笑

 

 

基本、人間、

人から与えられたアイデアはびっくりするぐらい大切にしないけど、自分で気づいたアイデアはめちゃめちゃ大切にするものです。

 

僕も、営業マンの頃から経営者に、

「自分で気づいて頂く」

ということは大切にしてきました。

 

 

 

アイデア → 成果

 

 

までは険しい道のりがあります。

 

その険しい道のりを乗り越えるモチベーションは、人から与えられたものでは続かないんだと僕は思います。

 

 

 

経営者にとってのアイデアの宝庫は「優良顧客」と「成功しているライバル」です。

 

 

間違いありません。

 

そしていつも思うのですが、世の中の多くの経営者がココの研究をしていなさ過ぎます。

 

それでいて、「何からやったらいいか分からない。。。」というのが現状だと思います。

 

(*厳密には、年商1億未満であれば「成功しているライバル」が宝庫になります。それ以上の圧倒的な成果を得るには、「異業種の成功モデルを自分の業界に持ってくる」がブレイクスルーになります。)

 

 

ただ、可哀想なのは、変に惑わされるような情報も多いのは事実です。

 

 

例えば、「メディアを限定しているコンサルタント」。

 

 

これは危なっかしいです。

 

謂わゆる「これさえやっていれば大丈夫」的な論調の人。

ホームページの営業マンも、クーポン雑誌の営業マンも同じですね。

 

フェイスブックだけ、、、

LINEだけ、、、

youtubeだけ、、、

ホームページさえやってれば、、、

このポータルサイトに載せてさえいれば、、、

 

 

 

以前はブログといえば、アメブロでしたが、日本ではいよいよgoogleから低評価の烙印を押されて、以前のように自然検索からのビジネスは出来なくなりました。

 

いろんなコンサルタントが「これさえやっていれば大丈夫!」って大合唱するわけです。

 

 

「どれをやればいいの?」って、そりゃなりますよね笑

 

 

僕からすれば、

「どのメディアが今はいいんですか?」

ともし聞かれたら、

「あなたの優良顧客は何を使っているんですか?」

と聞くだけです。

 

 

 

僕の師匠は、ずーっとガラケー(パカパカ携帯)を使っていました。

 

でも最近ようやくスマホに変えました。

 

なぜかというと、女の子がメールを開封してくれなくなったから。笑

 

メールよりもLINEの方が開封率が高いので、自分が使うメディアを変えたわけですね。

 

 

マーケターですね〜。

 

 

 

本当に大事なんですけどね。

 

リサーチは。

 

本当、コピーとか、リサーチしなかったら何も書く素材がないわけですよ。

 

ゼロからコピーなんて作れませんしね。

 

僕や僕らの仲間のマーケター達はみんなリサーチが仕事のようなものです。

 

多分、リサーチが仕事の7割から9割だと思います。

 

それぐらい大事です。

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

 

お客さんにはウケないんだなぁ笑

 

 

 

 

みんな新しくて派手なのが好きですから。。。

 

 

 

 

 

まぁ、こうゆう本質的なことにビビッと来る人と末長くお付き合いしたいものです。

 

PS:

無料相談を始めようと思います。
【事例】
✔︎ コンサルタントがたった53,580円のFAX通信コストで60件の反応を獲得して、3か月で200万円の売上
✔︎ 治療院先生が15,600円分のハガキDMで27名の患者を集める
✔︎ 美容室オーナーがオリコミチラシで30日で41人の新規客を集客
✔︎ 生保営業マンが既顧客100人にニュースレターで3件の紹介を獲得
などなど。。。

あまり難しく集客を考えないでください。

ネットを使えないイケナイ、

なんて嘘です。

業者に騙されてるだけです。

まずは手書きのハガキを既存客に出してあげてください。

喜びます。

紙とペンと切手から集客は出来ます。

既存客が喜べば、

勝手に新規は集まります(極論!)。

長くなりそうだから、

詳しくはこちらで、、、

まずは月5名まででお願いします。
無料相談お問い合わせ

無料相談お問い合わせ
お名前  *
Eメール  *
TEL  *
会社名  *
ご相談内容  *

PPS:
メルマガ登録はこちらから^^!!

メルマガ【マーケティング習慣】
名前  *
Eメール  *
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*