お客様は神様じゃない。ガンガン巻き込んであげよう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

From:新井翔平

 

 

先日。

 

銀座のクライアントさんのところに訪問する前。

 

マロニエ通りのスタバで茶をしばいてました。

 

 

ここの店は2階がやたらと広いんですよねー。

 

 

 

 

 

コーヒーセミナー。

 

 

 

 

 

 

 

分かります?

 

ぱっと見、15~16名規模が参加できるコーヒーセミナーが開催されていました。

 

 

みなさん緑のエプロンをつけて、店員さんのレクチャーを受けながら、コーヒーの淹れ方や味わい方、カスタマイズの仕方や、産地にまつわるウンチクを聞いてメモを取るワケです。

 

 

 

 

口コミとは、「自慢できる権利」。

 

 

 

 

「コンバージョン」という言葉の意味を調べてみてください。

 

マーケティングでは、「コンバージョン」という言葉は「成約する」という意味と同義で使われます。

 

 

「成約」って何かっていうと、

顧客に商品を買ってもらったり、

契約になったり、

購入してくれたら、

そんな時に、「コンバージョンする」って意味で僕らは使ってます。

 

 

 

「コンバージョン」って英語の、3つ目か4つ目あたりの意味で、

 

 

 

 

「改宗する」って日本語訳が出てきます。

 

 

 

 

マーケティング的に、

顧客が、

商品を、

購入して、

その会社の深みにハマっていく様は、

まるで、、、、

 

 

 

 

 

宗教にハマっていく様と同義なようです。

 

 

 

まぁ僕の場合、1週間のうち7日か8日くらいスタバに行ってるので、

「新井さんってスタバの信者だよね?」

って言われちゃぁ、グウの音も出ません。。。

 

 

 

 

 

 

顧客は参加したがってる。

 

 

 

 

勝手にコンサルやってみた〜その1 近所の靴屋さん〜

こーゆーのとか、

 

勝手にコンサルやってみた〜その2 サンキューレター〜

 

こーゆーのとかが割と受けるのはやっぱり、

顧客参加型のコンテンツは、

そもそもウケがいいからなのであります。

 

 

 

だからニュースレターを作るときは、「踊るさんま御殿」や「探偵ナイトスクープ」を参考にしましょうってアドバイスも、理にかなってるワケですよ。

 

 

 

 

欽ちゃんが視聴率男と呼ばれた所以だってそう。

 

 

 

 

昭和30年代40年代生まれの方はお分かりでしょうが、

欽ちゃんの番組がことごとく高い視聴率を誇ったのも、

『顧客参加型』だったからに他ならないワケです。

(もちろん他の要素もあると思うけどね)

 

 

 

ちょっとエグい話をすると、、、

 

 

 

 

所属欲求や承認欲求をツンツン出来るようになると、単価が上がりやすい。

 

 

 

 

あまり大きな声で言いたくはないけど、大事なことなのでもう一回だけ書きます。

 

「所属欲求」や

「承認欲求」を

 

 

 

 

ツンツン出来ると、

単価が上がりやすい。

 

 

 

超高粗利な生活必需品って見たことないでしょ?

 

 

 

 

まぁ、これを知ったところで、即明日からのビジネスにどう活かす?

 

ってなると難しいかも知れませんが、

 

 

 

 

「所属」してる実感や「認められたい」欲求。

 

 

 

 

 

顧客のここら辺の欲求にフォーカスを当てて、メッセージを組み立てれば、価格競争から抜け出るヒントになります。

 

 

あらい

 

P.S.

 

 

無料レポート

 

webやネットを使わずに低コストで売上が今すぐ上がってしまう5つの方法

絶賛プレゼント中

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*