ゴールドラッシュ思考のワナ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

From:新井翔平

 

 

ゴールドラッシュ思考って聞いたことあります?

 

マーケティングの専門用語ってわけでもないけど、

比喩というか例えみたいなものですね。

 

 

簡単に言うと、

「楽して儲けられないかなぁ〜」という発想です。

 

 

 

先日会った若い男性のこと。。。

 

ビジネスチャンスを探して交流会に通いまくってるみたいでした。

そうやって足を動かして人に会いに行って

大量行動してるのはすごくいいことなので僕も見習わなきゃなと思いました。

 

そしていつの間にか話を聞いていくと、

今借金が500万円あると(なぜこの話になったのか忘れたけど笑)。

 

年は23歳。

 

 

何があったんや?

と色々聞いていくと、

いわゆる○本木ヒルズ系の「楽して」「儲ける」系の

煽り系のランディングページから

せどりや転売、バイナリーなどに引っかかってしまったとのこと。。。

 

 

えぐい世界があるものですね。

 

 

初めのうちは何だか当たりが良かったらしいです。

 

 

ま、それさえも業者にコントロールされていたそうなんですけどね。

 

 

で、初めに幾つか当たりを引いて、

本人も気持ち良くなったのか、

業者からの提案で大型の投資をした方がいいという話に乗せられて、

ローンを組んじゃった。。。

 

 

そしたら一気に手のひら返し。。。

 

 

もう、面白いぐらいシナリオ通り過ぎて、初めて会った人の不幸話を僕はゲラゲラ笑いながら聞いてました。

(彼も彼で明るく自分の失敗談を話すのですごく楽しい時間でした)

 

 

彼はただ単に詐欺にあっただけなのか?

 

 

本当の原因は?

 

 

この話、読んでみてあなたはどう思いました?

 

確かに怖い話だな、愚かだな、と思うかも知れません。

 

自分はそんな詐欺には遭わない、と思うかも知れません。

 

 

でも、

マーケティングや集客、売れる仕組みづくりを学ぶ時の人で多いのが、

 

「ビジネスを仕組み化するんだ!」

 

「営業しなくても見込み客からやってくる仕組みを作るんだ!」

 

「コピーが自分の代わりに営業を、販売をしてくれるんだ!」

 

確かにこれらはあなたのビジネスにマーケティングの仕組みを導入することのメリットですし、

 

すべての営業マンが夢見る理想かも知れません。

 

 

ただ、

大前提として

 

「楽ができる」

 

と思ったら

大間違いです。

 

 

 

ビジネスは社会に対して先に価値を届け、

後払いとして報酬を頂く行為です。

 

 

楽して届けられる価値は、

やっぱり、

大したことありません。

 

 

そんな価値に見合う報酬なんて、大したことありません。

 

ブログを書く。

メルマガを書く。

見込客や顧客にとって有益そうな情報があれば伝える。

サポートを充実させる。

常に広告の改善をする。

ライバルの動きをチェックする。

 

 

もっと言えば、

 

今以上にもっと自分の顧客の人生をよくするためには何ができるだろう?

と考え続け、行動し続ける。

 

 

常に下のエスカレーターを上っているようなものですよね。

 

「楽をする」=「足を止める」

 

と、自動的に下の階に連れて行かれるだけです。

 

 

何だか教訓めいた話かも知れませんが、

リッチ・シェフレンというアメリカのマーケターが言ってたことです。

 

 

「ゴールドラッシュ思考でチャンスをいつも探し続けている起業家ほど騙されやすい人たちはいない。」

的なことを言ってました(うろ覚え)。

 

 

自分の今回の人生は、

誰の役に立ちたいのか?

どんな風に役立ちたいのか?

 

 

チャンスを探す以前に、

自分の中の軸を固めることの方が先だよな。

 

 

と改めて思ったエピソードでした〜。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*