人脈つくりは無い。自分作り。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

From:新井翔平

 

 

 

年末のお楽しみイベントに行って来ました。

 

 

鳥居祐一さんグループコンサル。

 

Shawn Araiさん(@shawnarai)が投稿した写真

事前に7冊ギリギリのところで読了しての参加でした(マインドマップ描く時間まではなかった、、、)。

 

 

結論。

 

 

やっぱり確信させて頂いた言葉があります。

 

 

それが、、、

 

 

 

人脈つくりは無い。自分作り。

 

 

 

人脈塾』の最後に、

鳥居さんがジム・ローンから受け取った言葉として、

 

To attract an attractive person, you have to be attractive.

魅力的な人を引き寄せるには、あなた自身が魅力的な人間にならなくてはいけない。

 

がご紹介されてました。

 

 

他にも

「蝶になるのでなく、蝶が集まる花になりなさい」とも。

 

 

とどのつまり。。。

 

 

 

 

「やり方」ではなく「在り方」「マインド」がすべて。

 

 

 

 

最近切に感じるジレンマをちょっと愚痴ってもいいですか?笑

 

 

「戦略」という言葉は、「戦う」ことを「略す」から「戦略」と呼ぶらしいです。

 

 

要するに、

「いかに戦うか?」の時点でそれは「戦略」じゃ無いぞ。と。

 

 

「戦略」とは「いかに戦わずして勝つか」だぞ。と。

 

これを読んだ時に、「まさに!!!!」と思ってしまったわけですよ。

 

 

その時タイムリーにもですね。。。

 

 

 

 

「集客」しないことが「最高の集客」なんじゃないか?

 

 

 

 

僕のようなマーケティングコンサルがやってることは、やっぱり「価値提供の増幅装置」なわけです。

 

営業やテレアポや対面販売などで、「人」に依存してしまうことで、

「価値提供」が「頭打ち」になってしまっている会社・起業家さんに対して、

広告や仕組みなどの「増幅装置」を提供しているだけなんですよね。

 

 

 

あぁ〜も〜何が言いたいかと言うと、、、

 

 

 

売れない商品は何やったって売れない。

 

 

 

まず対面で営業をしましょう。

 

足使って売りましょう。

 

お客さんと顔を合わせて、表情を見て、断られたら買わない理由をその場で聞いて、改善しましょう。

 

 

 

 

反論対処は3つあります。セールストーク、商品パッケージ、ビジネスモデル。

 

 

 

 

営業出身者のマーケターはついつい、

セールストークやコピーライティングで何とか出来ないかな?

と思ってしまいがちです。

 

 

でも、コピーライティングで無理して売るよりも、

商品パッケージを改めたり、

あるいは

ビジネスモデルをバコッとスムースに流れるように改善する方が手っ取り早いわけです。

 

 

 

 

「魅力的な人を引き寄せるには、あなた自身が魅力的にならなくてはならない。」

 

 

 

 

なぜ新井はココに今ホットなのかと言うと、つい先日、コンサル受けることをお断りした方がココに該当すると思ったからです。

 

 

上記の「3つの反論処理」で言うところの、

 

「商品パッケージもビジネスモデルもいじくるのはメンドくさいから、コピーライティングだけで何とかしてよ。」

 

的な話です。乱暴に言うと。

 

 

これですね、、、

 

 

 

 

何ともならんです。

 

 

 

なるかも知れないけど、コピーで無理して売った時、質が悪ければリピートしないよ?

挙句の果てには悪い噂がたったらビジネスとして立ち直れませんよ?

 

って話なんですよね。。。

 

 

 

 

テクニックで何とかしようとしてませんか?

 

 

 

 

今日の内容は、自分にとっての自戒もターップリと込めてます。

 

 

特に、マーケティングや集客となると、

 

世間一般にFBやネット上で見る誇大広告に煽られてしまい、

 

「楽して」

 

「簡単に」

 

「無料で」

 

「一発逆転」

 

な、

何かがきっとどこかにあるんではなかろうか?笑 (←昔の私のように笑)

 

と思ってしまうのも無理はありません。

 

 

 

 

しかーし、

 

 

 

本質はやはり我々がやっているものは、

「関係性ビジネス」なのです。

 

 

見込み客(=群衆)との豊かで建設的な関係性ビジネスなのです。

 

 

牛を殺して肉として食らうのでなく、

 

手塩にかけて面倒を見て水をやって牧草を与え、(メルマガ・ニュースレター)

 

たまにお乳を絞らせて頂いて、(セールス)

 

その牛乳を市場で換金し家族がご飯を食べられるようになる。

 

 

 

 

めんどくさいものなのです(残念)。

 

 

 

ビジネスのステージを上げることも、

人生のステージを上げることも、

たゆまぬ自己投資、

自己鍛錬、

自分磨きが本質にある。

 

 

価値のないものはいくら増幅しても価値がない。。。

 

 

痛いくらい現実的ではありますが、貴重な学びの1日でした。

 

 

鳥居さん、参加者の皆さん、

 

 

 

ありがとうございましたm(_ _ )m

 

 

 

あらい

 

 

あらい

 

P.S.

 

 

無料レポート

 

webやネットを使わずに低コストで売上が今すぐ上がってしまう5つの方法

絶賛プレゼント中

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*