動いてみてわかることがある。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

From:新井翔平

 

 

DMMの亀山会長が面白い。

 

DMMって言えば、僕ら20代30代の日本男児からすれば

アダルト業界のモンスタープラットフォーム

というイメージしかないと思うけど。

(いつもありがとうございまーす)

 

近年では3Dプリンターや

太陽光発電や

超格安オンライン英会話など

いろんなジャンルで展開しているんですよね。

 

 

先日、彼のとあるインタビューを聞いてると、、、

 

「民泊もそこらへんの古民家パッパと話つけちゃって、リノべっちゃって、写真撮っちゃって、英語でホームページ載せちゃえばいいと思うんですよ。」

 

「それで外国人来て喜んでもらったら次の方向性見えるじゃない」

 

「あとからどうせ国とかさ、違反だ、とか言うと思うよ?」

 

「でもさ、初めのうちの会社規模なんて大したことないじゃない。」

 

「ごめんなさい!次から気をつけまーす!とかテへっとか言ってたらさ、許してくれるよ。多分」

 

「僕だってさっき言ったように、10代から路店でマンガキャラのピンバッチ勝手に売って著作権無視してたけど、何とかなってきたしさ~笑」

 

(一部適当な抜粋)

 

あくまで、著作権違反を推奨する引用ではありませんよ汗

 

でも、

彼がここまでの大事業を興せる大きな要因だったのは

この「スピード感」もあったんだろうなって僕は思いました。

 

どんな話の流れだったかというと、

亀山会長は全く本を読まないって話からでした。

 

彼自身は10代から世界中を旅してきてサラリーマンになることなく、

路面商から始めて、雀荘経営、レンタルビデオショップ経営、

POSレジシステム販売、アダルトビデオ製作会社経営、

などなどを経て、

これからはコンテンツを配信するプラットフォームを抑えた方が優位だ、と判断してのDMM創業だったそうです。

 

さぞかし色んな勉強をするのかと思いきや、

最近読んで面白かった本は「闇金ウシジマくん」とのこと。

 

 

情報が溢れすぎている。

 

今時本当そうですよね。

僕も最近スマホから離れられない生活に比例して頭が悪くなってきた気がします(元から?)。

 

慢性的なインプット過多なんでしょうね。

 

今の時代にこそ必要なことは

「自分の言葉/行動でアウトプットする時間」だと思います。

 

亀山会長も同様に

「ぼーっとしてあーでもないこうでもないって

自分なりに考えてから行動する時間の方が大事だと思うよ」

的なこと言ってました。

 

初めの一歩を踏み出すまでの時間短縮が一番大事。

 

マーケティングも集客もそう。

youtube、インスタグラム、フェイスブック、ホームページ、プロダクトローンチ、口コミ、

ダイレクトメール、FAXDM、ニュースレター、新聞折込、プレスリリース、、、

 

いッッッろいろありますよね。

 

僕だってそうですし、極論全てのコンサルタントがそうでしょうけど、あなたのビジネスにとって最適なメディア、

あるいは最適な集客方法の答えを知ってる人なんて、この世界には一人もいません。

 

大体の傾向ならアドバイスできますけどね。

 

でも、最適な集客方法の、その精度を高めていくには、一歩を踏み出して、行動していくしかありません。

 

もちろん失敗もあります。

 

それでも、その失敗から改善し、次を出す。

 

何度も言いますが、

ビジネスは固定費のかかるゲームです。

 

早くその最適解を見つけることができれば、それ以降は事業が楽になるし、

その最適解が見るかるのが遅ければ、固定費によって倒れちゃう。

 

 

お金をかけずに時間をかけて集客の最適解を見つける方法もあります。

 

お金をかけて、傷だらけになって、それでも短期間でテスト改善を繰り返す体力を身につけながら、黒字化する自社の集客の仕組みを見つける方法もあります。

 

多分、亀山会長は後者のスタイルだったんじゃないかなって思います。

 

僕も持論としては後者ですよ。

でも、コンサルするときは、

「コンサル」なので、選択肢を与えるまでが僕の仕事です。

 

 

インプット過多にならず、素早く足を動かすこと。

 

 

 

情報化社会において、無料で手に入る情報には価値がない。
(それどころか無駄に選択肢を増やして害になる)

 

素早い行動から得た「体験知」にこそ価値がある。

 

そんなことを亀山社長の言葉から、改めて言語化できた気がします。
 

PS:

無料相談を始めようと思います。

苦手だけど笑

ついお節介で喋りすぎてしまうから、あまりコンサルに向いてないんじゃないかと思ってしまいます。

【事例】
✔︎ コンサルタントがたった53,580円のFAX通信コストで60件の反応を獲得して、3か月で200万円の売上
✔︎ 治療院先生が15,600円分のハガキDMで27名の患者を集める
✔︎ 美容室オーナーがオリコミチラシで30日で41人の新規客を集客
✔︎ 生保営業マンが既顧客100人にニュースレターで3件の紹介を獲得
などなど。。。

あまり難しく集客を考えないでください。

ネットを使えないイケナイ、

なんて嘘です。

業者に騙されてるだけです。

まずは手書きのハガキを既存客に出してあげてください。

喜びます。

紙とペンと切手から集客は出来ます。

既存客が喜べば、

勝手に新規は集まります(極論!)。

長くなりそうだから、

詳しくはこちらで、、、

まずは月5名まででお願いします。
無料相談お問い合わせ

無料相談お問い合わせ
お名前  *
Eメール  *
TEL  *
会社名  *
ご相談内容  *

PPS:
メルマガ登録はこちらから^^!!

メルマガ【マーケティング習慣】
名前  *
Eメール  *
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*