拡がる協会ビジネス vs 拡がらない協会ビジネス。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

From:新井翔平

 

 

今日はね、スパッと行きますよ。

 

 

 

 

 

和仁達也先生の最大の発明品。

 

 

 

 

 

コンサルタントスター養成講座で学ばせて頂いていた和仁達也先生

 

本当に抽象概念に言葉を与える力がズバ抜けています。

 

「言葉にできる」はやっぱり偉大な力で、

我々がコンサル現場でやることって結局、

①「問題を発見する」ことと②「問題を解決する行動を起こしてもらう」ことだと思うわけです。

 

 

多くの人は「行動」にフォーカスしがちだけど、

本当は「問題を発見する」ことが的確にできればほとんど仕事は終わったようなもの。

 

テスト改善はやり続ければいずれ最適解に行き着きますしね。

 

 

 

 

 

キャッシュフローコーチという資格じゃない。

 

 

 

 

 

言語化の大切さが説きたいのではなく、、、。

 

かつ、大先生のビジネスをあーだこうだと述べようとしてるところが、

なんだかタブーに片足を突っ込んでることに今気付いた感じだけどもう戻れないのでこのまま書きます笑

 

本当の発明品は、、、

 

 

 

 

 

「キャッシュフローコーチ協会」というモデル。

 

 

 

 

 

 

キャッシュフローコーチとは、

経営者の「お金」と「ビジョン」を両立させながら、目標達成に向けて共に歩む、

なんかそんな、コーチであり、資格です。

 

僕ね、いつも一般的な協会ビジネスを見てると思うことがあるんです。。。

 

それが、、、

 

 

 

 

 

僕なら設立者、創始者から直接学びたい。

 

 

 

 

 

何かしらのスキルを持つ人が、そのスキルの認定制度を作り、

認定された一番弟子達が認定講師になり、

さらに次の二番弟子達を育てて講師にしていく、、、

ってのがざっくりした協会ビジネスの流れになるわけですよね。

 

僕ね、いつも思うんですけど、

「三番弟子、四番弟子から学びたい人っているのかな、、、?」

 

協会ビジネスへの不理解があったらごめんなさい。

 

でも現実、ほとんどの協会がココでストップしてるくない?って思っちゃうわけです。

 

しかしながら一般社団法人キャッシュフローコーチ協会って、

 

 

 

 

 

「資格」を与える組織じゃない。「道具」を与える組織。

 

 

 

 

 

一応、認定講座受けたら、認定コーチになるから、「資格」は与えられるんですよ。

 

でも、本当に秀逸だな~と思うのが、

 

・毎月経営者に会う

・会社のお金周りを丸裸に出来る

・年々競争が激化して付加価値を届けなきゃ生き残れない

・でもどうやったらいいのか分からない

・そんな税理士たち

 

に、

本業のど真ん中(企業のお金周り)から出ることなく、

「ビジョナリーコーチング」

「ビジョナリープラン策定法」

などの、

 

 

 

 

 

財務会計周りで付加価値の高い『道具』を与えた。

 

 

 

 

 

しかも彼らは、

そもそもの話、すでに税理士事務所や会計事務所を開業して何人も経つ人や、

事務所内で働く、これから開業を考える資格者が認定コーチになる。

 

 

 

 

 

それなりに『食えてる本業』を持っている。

 

 

 

 

 

これはめちゃめちゃ大きくないですか?

 

だって一般的な協会ビジネスも、三番弟子、四番弟子とかになり始めると、

その資格で食えてないのに、「好きなことで食えるよ!」とか言い出して誘ってながら、

フタを開ければ食えなくて悪い評判が立つなんて話は枚挙にいとまがありません。

 

 

 

 

 

利益の先延ばし。

 

 

 

 

 

市場の誰よりも利益を受け取ることを先延ばしにし、

市場の誰よりも広告費をかけることが出来るようになれば、

その市場の王様になれます。

 

通販のやずやとかそうですよね。

 

ガンガン半額とか無料オファーを使って、顧客獲得して、

黒字化するのが1年後とかのビジネスを運営してます。

 

ライバルはたまったもんじゃありません。

 

キャッシュフローコーチ協会も、

多分、本部は限りなく利益を受け取っていないんじゃないでしょうか。

 

 

だからこそ、

 

 

 

 

 

拡がり易い。

 

 

 

 

 

10年以上前。

 

世にiPhoneが出た時、

 

みんな電話と音楽とインターネットが合体したー

すげー

 

と言って騒いでる中、

 

大前研一さんだけが、

 

「本当の発明はiPhoneじゃない。」

「本当の発明は『iTunes』というプラットフォームであり、

流通の仕組みに風穴を開けたことが最大のイノベーションだ」

 

そんなことを言ってました。

 

なんか、そんなの感じるんですよねー。

 

 

 

あらい

 

 

 

追伸:
和仁先生のセミナーこちらです。

~会計事務所が関与先から感謝され、顧問料をアップする!~
脱★ドンブリ経営実践セミナー
==============================
脱★ドンブリ経営実践セミナー 中級編
==============================
————————————————–
<福岡会場>
2017年04月17日(月)13時30分~17時
————————————————–
<大阪会場>
2017年04月19日(水)14時~17時30分
————————————————–
<東京会場>
2017年04月20日(木)14時~17時30分
————————————————–
<神戸会場>
2017年04月25日(火)13時30分~17時
————————————————–
<姫路会場>
2017年07月20日(木)13時30分~17時
————————————————–

==============================
脱★ドンブリ経営実践セミナー 上級編
==============================
————————————————–
<大阪会場>
2017年05月17日(水)14時~17時30分
————————————————–
<東京会場>
2017年05月18日(木)14時~17時30分
————————————————–

 

 

PS1:

 

ウケのよかったメルマガ10選。

新井を借金苦から解放させた犯人がこの人です。

勝手にコンサルやってみた その1 近所の靴屋

勝手にコンサルやってみた その2 サンキューレター

勝手にコンサルやってみた その3 FB広告のディスプレイ

婚活イベント体験レポート。 〜売るためには売られなくちゃいけない〜

やりながらうまくなれ。

ミドリムシの話。

ホームページを電話で売る人たち。

「私みたいな凡人でも出来たんだから、きっとあなたにも出来ますよ」、、、これマジか?

下手なままの自分を買ってくれる人はどこにいるんだろう?

 

 

PS

無料レポート

 

webやネットを使わずに低コストで売上が今すぐ上がってしまう5つの方法

絶賛プレゼント中

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*