究極の節税ってマーケティングじゃないですか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

 

From:新井翔平

 

 

 

怒りが湧いてきた。

 

 

 

 

 

「高いよ」

 

 

 

 

「新井くん高いよ~」

って、

営業マン時代によく言われました。

 

ただですね、

今だとすごく思うんです。

 

 

 

 

 

社長、「何」と比べてっスカ?笑

 

 

 

 

 

昔、私100~200万とかのホームページを売ってました。

 

よくよく考えたら私からホームページ買わずに翌週、

残った利益でレクサス買ってる人がいました笑

 

まぁ、、、

まだまだピヨピヨで未熟な営業マンだった頃の話なので、

大して投資対効果や将来のベネフィットもイメージして頂けなかったのでしょう。

 

ただね、、、

 

 

 

 

 

残った利益で顧客リスト買わないって馬鹿なの?死ぬの?

 

 

 

 

 

何度かこのメルマガでも書いたと思いますが、

「顧客リスト」って非課税なんですよ。

 

非課税であるにも関わらず、

来期、

ほぼ確実に売上や利益をもたらしてくれる最高の資産なわけじゃないですか。

 

もちろん、

来期に「資金調達する予定がある」、だとか、

「バランスシートの見え方」を意識した時に、

「利益が残ってる様に」見えた方がいいのなら、

無理して広告投資しなくてもいいと思います。

 

 

 

 

 

広告費30万って高いのか?

 

 

 

 

 

売上高5,000万円の会社があるとします。

 

仕入れ等の変動費が1,000万円だとして、

粗利が4,000万です。

 

今期の利益は400万円出るくらいとのことで、

固定費は3,600万円です。

 

12ヶ月で割ったら300万円が毎月の固定費なわけですね。

 

 

 

 

何もしなくても毎月300万円が消えていく会社。

 

 

 

 

 

この会社が獲得してる月あたりの問い合わせ件数は、

何もしなくてもホームページから1件来てるだけです、と。

 

じゃここで仮に、

その会社の商品のPPC広告のクリック単価が平均300円くらいだとして、

100クリックで1件の問い合わせが来るLPを作るとする。

 

1件の問い合わせを獲得する為のコストは30,000円なわけですね。

 

30万円の広告費なら、問い合わせは10件になります、と。

 

 

 

 

 

「月300万円のランニングコストで問い合わせ1件」vs「月330万円のランニングコストで問い合わせ11件」

 

 

 

 

 

どっちがいいですか?

 

まぁ、そもそもの話、400万円の利益が出てて、

来期に調達の予定もなく、

目指す将来のビジョンから逆算して”今”が攻め時ならば、

 

 

 

 

 

400万円全額広告にぶち込んでも良くないですか?

 

 

 

 

 

現預金残高が余分にあるのならですけどね。

 

こーいった視点で適正な広告予算を一緒に考えてあげることが出来ていたなら、

もっと売れる営業マンになってたんだろうな~と思うと、なんだか勿体無いなぁと。

 

(まぁ、当時売ってたホームページの質もあまりよろしくなかったけど…)

 

 

多分このレベルで財務とビジョンから逆算して広告費とマーケティングプランを策定する人は、

 

そうそういないのではなかろうか ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

ご興味があればお問い合わせください。

 

あなたの会社の最適な広告費を知り、

最適なマーケティングプランを問い合わせてみる

 

 

あらい

 

 

PS1:

 

ウケのよかったメルマガ10選。

新井を借金苦から解放させた犯人がこの人です。

勝手にコンサルやってみた その1 近所の靴屋

勝手にコンサルやってみた その2 サンキューレター

勝手にコンサルやってみた その3 FB広告のディスプレイ

婚活イベント体験レポート。 〜売るためには売られなくちゃいけない〜

やりながらうまくなれ。

ミドリムシの話。

ホームページを電話で売る人たち。

「私みたいな凡人でも出来たんだから、きっとあなたにも出来ますよ」、、、これマジか?

下手なままの自分を買ってくれる人はどこにいるんだろう?

 

 

PS

無料レポート

 

webやネットを使わずに低コストで売上が今すぐ上がってしまう5つの方法

絶賛プレゼント中

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*