自分の正しさを証明したい星人。負けたくない星人。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

From:マーケティングコンサルタント 新井翔平

 

 

 

 

 

事業承継はあんなに難しいのに、親が抱える「欠乏感」はしっかり継承される。

 

 

 

 

 

「欠乏感」や「自己肯定感の欠如」って、

親から子へ遺伝するというか、

(遺伝じゃないな、、、)

継承すると思うんですよね。

(生まれた瞬間から受け継ぐわけじゃないしね。)

 

 

 

 

 

とにかく負けたくない。というか負けられない。負けることは即自分自身の「無価値感」へと繋がる。

 

 

 

 

 

自分の非を認めることができない。

 

あいつが悪い。

 

バカな社員が悪い。

 

嫁が悪い。

 

景気が悪い。

 

社会が悪い。

 

こんな状態で引き継いだ親が悪い。

 

あるいは、モチベーションの源泉として、

 

 

 

 

 

親から愛されなかった。認めてもらえなかった。

 

 

 

 

 

売上を上げ続けないと、自分には価値がないんじゃないだろうか。

 

あいつを見返したい。

 

認めさせたい。

 

自分の正しさを証明したい。

 

常に評価基準は誰かとの比較。

 

そんな動機で商品を売られるお客さんもたまったもんじゃありませんよね… ^ ^ ;

 

 

 

 

 

久しぶりにそんな人と会いました。笑

 

 

 

 

 

最近自分の周りにいる人が良い人過ぎたんですよね。

 

仲間もメンターもクライアントさんも。

 

なんかもう明らかに邪悪なやつが出てるんですよ。

 

こんなやつ。

 

 

 

あるいはこんなやつ。

 

 

 

 

井上雄彦の『バガボンド』です。

 

「殺し合いの螺旋」に取り憑かれて、

 

ガツガツと闘いを重ねる先に待っているのは結局のところ、

 

 

 

 

 

「勝ったはず

なのに天下無双が遠ざかるような

どうして良いか分からず。。。」

 

虚しいですよね。

 

 

結局のところ最後は、

 

強い人は皆優しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに落ち着くんだと思います。

 

 

 

 

 

今一度、、

 

 

 

 

 

その邪悪な経営者さんをどうこう出来るか?

 

 

ではなく、

 

 

自分はどうだろうか?

 

 

邪悪なオーラを出してやいないだろうか?

 

 

邪悪ではなくても、「搾取するマインド」が出ていないか?

 

 

「与えるマインド」で接することが出来ているか?

 

 

こーゆー人に出会ってしまった際は、

きちんと我が身を振り返って、

セルフチェックが済んだら、

家に帰って塩で清めましょう。

 

 

 

うぅ〜〜

なんか寒気がしてきた。

 

 

お香を焚こう。

 

 

 

邪気よ去りたまえ   あらい

 

PS1:

ウケのよかったメルマガ10選。

新井を借金苦から解放させた犯人がこの人です。

勝手にコンサルやってみた その1 近所の靴屋

勝手にコンサルやってみた その2 サンキューレター

勝手にコンサルやってみた その3 FB広告のディスプレイ

婚活イベント体験レポート。 〜売るためには売られなくちゃいけない〜

やりながらうまくなれ。

ミドリムシの話。

ホームページを電話で売る人たち。

「私みたいな凡人でも出来たんだから、きっとあなたにも出来ますよ」、、、これマジか?

下手なままの自分を買ってくれる人はどこにいるんだろう?

 

 

PS

無料レポート

 

webやネットを使わずに低コストで売上が今すぐ上がってしまう5つの方法

絶賛プレゼント中

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*