金魚鉢理論

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

From : 新井翔平
面白い話があったので共有させてください!
■ iTunes Podcastでよく聞く番組、石原明の経営のヒントプラスで経営コンサルの石原さんが言ってたことがあります。

 

それが、、、

 

「金魚鉢理論」。
どういうことかというと、

夜店ですくってきた金魚たちを鉢に入れると、ほとんどの確率で1年後、その鉢で生き残る金魚は大きく太った1匹になる。

 

という理論だそうです。

(この人は勝手にいろんな理論を作るから面白くて好きです^^)
■ なぜかというと、

初めは、どの金魚たちも、大した差はないそうです。

 

でも、

ほんの少しだけ、賢かったり、

ほんの少しだけ、すばしっこかったり、

ほんの少しだけ、当たりが強かったり、

最初は、ほんの少しの違いしか、彼らにはなかったそうです。
でも、

その、

ほんの少しの違いで、

今日の餌を、

他の金魚よりも早く食べたかどうか、、

その日々の積み重ねが、

毎日の積み重ねが、

少しずつ体を大きくしていき、

そのほんの少しの積み重ねが、

徐々に体格の差を作り、

そのほんの少しの積み重ねが、

1年後にたった一匹だけを残して、他が死滅することに繋がるのだそうです。

 

 

■ それを聞いて僕は、自分が初めて高額セミナーを受けた時のことを思い出しました。

2

4歳の時、当時かなり神田昌典さんの本の影響を受けてて、

フォトリーディングという速読のスキルを身につけるために、

2日間で15万円の講座を受講しました。
はい。

その時の貯金の全額でした笑
でも、その直後に、分からないなりにナポレオンヒルやドラッカーや7つの習慣など、経営者なら読んでて当然なビジネス書の重鎮達をスイスイ読破し、

何気ない会話の中で、好きな本の話題で無意識にベテラン経営者達と話を合わせられるようになったことで、

なんだか可愛がってもらい、

結構な契約をもらったり、

経営者達の集まりの中で紹介してもらったりすることができました。

 

その後、

僕の中では、

「15万円」は高額セミナーではなくなっちゃいました笑
その後も、20代なかばで40万円で営業力を鍛える塾に4か月通ったり、

60万円でダイレクトレスポンスマーケティングを実践し学ぶ講座に通ったり、、、
今の僕は、金魚鉢の中で勝ち残った、勝ち組金魚だぜ!

って言うつもりはないけど、

こうやって一つ一つ、

ステージを上げていく中で、

きっと、どんな変化にも耐えられる、

強靭な生命体に進化していくんだろうな、

と、改めて感じた次第でした。

 

 

あなたは1年後、金魚鉢で生き残る金魚になるために、
明日、ほんの少しの、

 

「何」に取り組みますか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*