集客もマーケティングも、やりながらうまくなればいい。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

From:新井翔平

 

 

22歳から24歳の2年間、カナダのバンクーバーで暮らしてました。

 

「なんでカナダに渡ったの?」

 

と聞かれることが多いけど、

 

 

答えはいつも、、、

 

 

 

 

「現実逃避」

 

 

と言ってました。

 

 

なんか就職活動してても、

 

「働くこと」にイメージが持てなかったんですよね。

 

 

 

同時にどこか、

 

「俺は日本社会の枠に収まるような男じゃない」的な、

 

痛い妄想もありまして。。。

 

 

 

ともあれ、

 

22歳で大学を卒業してすぐカナダに渡り、

 

その3か月後から僕は現地のスターバックスコーヒーと

 

カナディアンレストランで働くことになります。

 

 

 

 

ちなみに、この年の4月に受けたTOEICテストのスコアが、、、

 

 

280

 

 

これって日本の中学1~2年生レベルだそうです。

 

 

 

7月からカナディアン達と働き始めた僕が、

初めから彼らと意思疎通が出来たかというと、

無理っすよ笑

 

 

This is a pen.

のレベルの日本人がレストランに混ざって働き始めたら、

さぞかし初めはウザかったでしょうね。

 

でも、

こっちも金稼がないと飯食えないし、

死ぬし、

死ぬ気で耳と目とジェスチャーや

相手が言いたそうなことを全身全霊で察するように神経使って、

感じとるしかないわけですよ。

 

 

そんな日々を過ごしていく中で、

 

Watch out! (気をつけろ!)

 

Behind you! (後ろいるぞ!)

 

How’s going buddy? (調子どうよ?)

 

Is there anything else I can do for you? (他に何かある?)

 

とかとか、

教科書にない、実践的なレストラン英語が身についていくわけです。

 

 

 

ビジネスも実はこれでいいと思うんですよね。

 

 

誰にでも「最初」がある(ダンケネディ)。

 

わけじゃないですか。

 

 

僕だってコピーの勉強は一切したことは無かったけど、

初めてのFAXDMは師匠のくれたテンプレートを丸パクリして
(リサーチした項目だけ入れ替えて)

 

出したら一発目でバカ当たりしてしまいました。

 

逆にそこからがヤバかった。

 

どうしたら良いか分からないのに反応が取れてしまうと、

 

 

猛スピードでフロントエンド、

 

バックエンドの導線を作らないといイケナイ笑

 

 

普通逆だろって話ですけど。

 

 

結果としてこの時期が一番マーケティング思考を

自分の脳内や身体にインストールすることができた時期だと今でも思います。

 

 

急速な成長によって、至らない点もあったし、怒らせた人もいたけど、、、。

 

 

もちろん意図的に迷惑をかけていいってことではないですけど、

先に「やっちゃって」みて、

「やってから考える」。

 

 

そうしていくうちに、

 

やりながら上手くなる。

 

 

こっちの方が大幅に時間の節約になると思います。

 

 

あなたはすべての勉強が終わってから行動します?

 

 

それとも?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*