集客安定化のカギは○○商品の販売!!!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

From:新井翔平

 

 

台風が、

 

過ぎた。

 

 

今日は横浜で人に会ってきました。

同業者の先輩と、

情報交換に。

 

 

 

余談だけど、

彼と会った後にその時の気づきを形にしたくて2時間ほど馬車道のスタバに篭って作業を。。。

出ようとしたら20時。

 

関内の日高屋で飯を食って20時半。

 

今僕は小田原に住んでるので、

関内からJRに乗って横浜経由で小田原に帰ろうと思ったら、、、

 

 

「JR東海道線運転見合わせ」

ハァァァァ???!!!!!!

(`Д´)!!!!!!

 

 

大阪出身の僕には帰る経路が見当たらず、

一旦新宿まで出て、いつも通りの小田急戦に乗って帰ろうにも、

みなとみらい線、東急東横線が、

 

遅い。

 

(あとで知ったことだけど、

そのまま新横浜から小田原への新幹線に乗っていれば普通に帰れた。。)

台風が去った後も気を遣い過ぎだろってぐらい遅く、

新宿に着いた時は21時半。

 

 

この時点でまだ楽勝だと世間一般は思うかも知れないけど、

僕が今住んでるところは箱根の少し向こうの鈍行列車で着くところ。

 

 

そう、、、

小田急の終電が、

 

無い。

 

 

そしてやむなく倍以上の料金を払って新幹線に乗り、

その自由席の中から今記事を書いている。。。

(閑話休題終わり)

 

 

何の話をしたかったんだっけ、、、、

 

あ、

そうそう、

横浜の同業マーケターと話していた時の今日の一番の気づき。

 

 

それは、

やっぱり高額商品を早い段階で売ること

 

 

高額商品販売というと、

僕らの業界では最近、

派手にプロモーションをやってたし、

それと同時に、

他のコンサルのメルマガやFB投稿でも、

 

「やっぱ高額商品ッショォォォ!!!」

 

的な投稿は増えてきていた笑

ほんと。

 

 

そして、なぜか時同じくして、

今朝の6時からスカイプでコンサルをしていた

クライアントにもその提案はしていた。

 

 

これを実現する方法は多岐に渡るけど、

今日は取り急ぎ2つだけ、

 

 

なぜ高額商品を用意する必要があるのか?

なぜあなたのビジネスに高額商品があった方がいいのか?

 

(1)圧倒的に選択肢が増えること

(2)安いと消費者の本気度を引き出せないこと

 

があると思う。

 

実際、

横浜の知り合いが高額商品を売り始めて良かったと言っていたのは、

起業直後のことだった。

 

 

起業当初は、

まだまだ実績が少なく、

まずは低い料金から経験を重ねて、、、

と考えてしまいがちかも知れない。

 

 

でも、

 

起業当初ほど、

ほとんどのケースで、

リソースが足りていないことが多いはず。

 

 

だからこそ、

尚のこと、

低単価で長時間働くわけにはいかない。

 

もちろん大量行動の期間も必要。

でも、

本当の意味で全力をかけたサービスを詰め込み、

価値を高められる限界まで高めて、

成果を保証し、

リスクの全てを事業主が背負い、

顧客が買わない理由がなくなるまで、

商品を作りこんだことって、

ぶっちゃけ、

ある?

 

 

高額商品が売れると、

経営者は、

単純に、

嬉しい。

 

 

でも、嬉しいのと同時に、

あなたが扱っている商品が、

より多くの人に届けないといけないと思うのであれば、

そこで手に入ったキャッシュを、

すぐさま広告費に使ってみよう。

 

 

スピーディに再投資が出来ることが、

事業を安定化させていく中で、

この上ない選択肢を増やすことにつながる。

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*