高いものを売りたければ高いものを買え。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

From:新井翔平

 

 

「迷う理由が値段なら買え。買う理由が値段ならやめておけ。」

 

 

 

き、

金言過ぎる。。。。

 

 

これは先日鮒谷周史さんのメルマガにあった言葉。

 

僕たちは、迷ってる時点で、十分な「価値」は感じてるし、見出してるんですよね。

 

そこで行動のブレーキとなるのが、ただ「値段」だけという話。

 

この場合は勢いで買ってしまえばいいと思います。

 

人は「成果」を得る為には、「その商品を繰り返し使う」という必要性が絶対に生じます。

 

そして、「その商品を繰り返し使う」ためのモチベーション、その原動力になるものは、、、

 

 

 

対価を支払ったかどうか。または、犠牲を負ったか、痛みを負ったかどうか。

 

 

 

無料で手にいれた商品を、残念ながら人は「繰り返し使う」ことはほとんどの場合できません。

 

そのプロセスに、「痛み」を伴っていないのでね。

 

蛇口をひねれば出てくる水道水に「ありがてェ〜〜〜〜!!!」って涙を流して感謝する日本人はあまりいませんよね?

 

十分な「価値」を感じている商品を、

「繰り返し使う」なら、

遅かれ早かれ「成果」を手に入れることは出来るでしょう。

 

「繰り返し使う」為のモチベーションとして、

対価を支払っているのなら、尚のことです。

 

 

 

問題は「安物買いの銭(=時間)失い」。

 

 

 

集客をする為に「お金をかけずに出来ないかな?」と考える人の発想と似ていますね。

 

お金をかけずにホームページを自作し、

無料のセミナーポータルサイトなどに露出し、

なるべくフェイスブックや無料のサービスを活用してアクセスを集めようとする。

 

これ自体は低リスクで始めること自体は悪いことではありません。

 

ただ、、、

 

 

 

お金をかけてテストした方が早いよ。

 

 

 

それにお金をかけた方が、「見込み客の質」は必然的に上がってきます。

 

優良顧客に出会える可能性も高くなります。

 

お金をかけないことによって失われる、「時間」の方が深刻だよ、ということは再三書いてきたことかと思います。

 

また、、、

 

 

 

高いものを売りたければ高いものを買え。

 

 

 

自分自身でもたじろぐような価格帯の商品を、

 

えいや!

 

と買うことのメリットは他にもあります。

 

それが

【自分も同じくらいの価格帯であれば売ることが出来るようになる。】

という副次的な効果です。

 

自分自身がたじろいで、最後には

「買えないよ、、、」

と判断してしまったものは、

ご自身がそれくらいの価格帯の商品を売る時も、

絶対に無意識化でブレーキをかけてしまいます。

 

 

だって、

「そうだよな、、、」

「やっぱ高いよな、、、」

と、

自分自身に、「売らない」言い訳を与えることになりますからね。

 

 

 

そもそもですが、

 

 

 

自分は高額講座などで学んだこともないのに、

売る時は高額商品を売りたいなんて、

虫が良すぎますよね。

 

自分自身のセルフイメージを高め、

より社会への影響力を高めていき、

貢献できる総量を増やす為にも、

どんどん、

高い買い物をしていきたいと思うわけです。

 

 

(注:ちゃんとしたモノに限ります。

この場合の「ちゃんと」は、もう言わずもがなですよね。)

 

 

 

あらい

 

PS:

 

無料相談を始めようと思います。

 

【事例】

・ コンサルタントがたった53,580円のFAX通信コストで60件の反応を獲得して、3か月で200万円の売上
・ 治療院先生が15,600円分のハガキDMで27名の患者を集める
・ 美容室オーナーがオリコミチラシで30日で41人の新規客を集客
・ 生保営業マンが既顧客100人にニュースレターで3件の紹介を獲得

などなど。。。

あまり難しく集客を考えないでください。

ネットを使えないイケナイ、

なんて嘘です。

業者に騙されてるだけです。

まずは手書きのハガキを既存客に出してあげてください。

喜びます。

紙とペンと切手から集客は出来ます。

既存客が喜べば、

勝手に新規は集まります(極論!)。

長くなりそうだから、

詳しくはこちらで、、、

まずは月5名まででお願いします。
無料相談お問い合わせ

無料相談お問い合わせ
お名前  *
Eメール  *
TEL  *
会社名  *
ご相談内容  *

PPS:
メルマガ登録はこちらから^^!!

メルマガ【マーケティング習慣】
名前  *
Eメール  *
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*