だから顧客リストとの関係性なんだってば。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

From:新井翔平

 

 

世の中の営業マンと呼ばれる人たちは、

習性として「フォローアップ」が苦手な生き物です。

 

何も営業マンだけではありません、多くの経営者もそうです。

 

どうしても「狩人」とか、「ハンター」としてのセルフイメージを持ってしまうんでしょうね。

 

 

とはいえ、

僕もIT系のゴリゴリのテレアポ飛び込み営業をしまくっていた時の初めはそうでした。。。汗

 

 

商談後の上司に対する報告で、

 

「すみません!今日はまだ時期では無かったみたいっす!引き続き追いかけます!」

 

って言うものの、最後まで追いかけ切った試しがない笑

 

 

面倒くさいんですよね〜、どうしても。

 

営業会社の悪いクセですが、、、

 

月が変わるとまたゼロからのスタート。。

 

上からは常に新規開拓の指示を受け、

新しいエリアに足を運べば、すぐさまそのエリアの求人媒体を探す笑

 

プライベートで彼女とデートをしてても、

見かけない無料媒体を見つけたらすぐに手にとって翌朝から電話をかけまくる笑

 

懐かしい。。。

 

会社のビジネスモデルと同じで、全部がフロー型なんですよね。

 

売上目標も月がまたげば、またゼロから。

出会った人脈も、月がまたげば、またゼロから。

 

月が変われば全て水に流す。

 

そりゃ延々と焼畑農業みたいなことが続きますよね。

どんどんドンドンとエリアを拡大して行ってました。

ある程度お客さんを刈り取ったら次の土地に行くわけです笑

 

あれはしんどかったな〜。

 

不思議なことに距離が離れるほど成約率が落ちるんですよ。

「必死さ」がお客様に伝わってしまうんでしょうね。

 

 

新規開拓営業あるあるの思い出話しにふけってしまった、、、

何が言いたかったかというと、

 

いつまでそれを続けたいですか?

 

ってことです。

 

僕も営業マンをやっていた頃、

ある時期からダンケネディのマーケティングに出会い、

自分の「群衆」を保有することの重要性を意識し始めました。

 

先日の話で言うところの「牧場の牛たち」ですね。

これはかなりのパラダイムシフトでした。

 

 

新規の取引には収入しかない。

継続の取引には富がある。

 

僕が「集客」代行事務所を営みながらも、

クライアントのコンサルに入る時、

「集客」を後回しにするのはそうゆう理由です。

 

まず先に「リピート販売」もしくは「紹介」が発生するツールを作る。

商品がなければ商品を作る。

作れなければ他社の商品を探す。

 

 

バケツの穴を塞いでから、

顧客との関係性を深める仕組みが出来てから、

新規の流入を流す。

 

 

新規集客は、お金がかかります。

 

もしお金をかけないなら、お金以上の価値ある時間が失われます。

 

不都合ですがそれが現実です。

 

「無料」とか「お金をかけずに」という営業トークはかなり強力なのでみんなそれを使ってるだけです。

(そういえば僕も??汗)

 

 

見込客リスト・顧客リストにダイレクトメールを出そう。

 

Eメールでもメルマガでもいいです。

 

サラリーマン営業マンで自腹切ってはがき買うのが嫌ならEメールは無料です。
(まぁ、そこをケチるトップセールスマンはいませんけどね。。)

 

ただ、ダイレクトメールの方が、

「体験」を伴うので、顧客に届く価値が大きいのは事実です。

 

見込客は、「面」を拡げなくても、
「点」の向こう側に拡がっている。

 

フォローアップしている「その人」が買ってくれることよりも、

フォローアップしているその人の「知り合い」が買ってくれることの方が多いかも知れません。

 

でも、もしあなたが「その人」に対して、接触頻度を高めていなければ???

 

「知り合い」に紹介してもらえることはありません。

 

 

 

焼畑農業を続けますか?

それともあなただけの「群衆」を保有しますか??

 

 

 

PS:

無料相談を始めようと思います。

苦手だけど笑

ついお節介で喋りすぎてしまうから、あまりコンサルに向いてないんじゃないかと思ってしまいます。

【事例】
✔︎ コンサルタントがたった53,580円のFAX通信コストで60件の反応を獲得して、3か月で200万円の売上
✔︎ 治療院先生が15,600円分のハガキDMで27名の患者を集める
✔︎ 美容室オーナーがオリコミチラシで30日で41人の新規客を集客
✔︎ 生保営業マンが既顧客100人にニュースレターで3件の紹介を獲得
などなど。。。

あまり難しく集客を考えないでください。

ネットを使えないイケナイ、

なんて嘘です。

業者に騙されてるだけです。

まずは手書きのハガキを既存客に出してあげてください。

喜びます。

紙とペンと切手から集客は出来ます。

既存客が喜べば、

勝手に新規は集まります(極論!)。

長くなりそうだから、

詳しくはこちらで、、、

まずは月5名まででお願いします。
無料相談お問い合わせ

無料相談お問い合わせ
お名前  *
Eメール  *
TEL  *
会社名  *
ご相談内容  *

PPS:
メルマガ登録はこちらから^^!!

メルマガ【マーケティング習慣】
名前  *
Eメール  *
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*