カサネカサネテクが頭から離れない。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

From:マーケティングコンサルタント 新井翔平

 

 

 

 

 

完璧だと思った。

 

 

 

 

 

 

 

カサネカサネテク。

 

 

 

 

 

脱力系のチープなエレクトリックポップミュージック(ピコ太郎を彷彿とさせる?)。

 

覚えやすそうな振り付け(恋ダンス?)。

 

可愛らしいシンガーソングライター中村千尋の歌声。

 

なのに歌詞は超現実的でシビアな女子事情。笑

 

 

 

 

 

リサーチは「相手の頭の中にある言葉」から。

 

 

 

 

 

中毒性がある音楽とか、

SNSでの拡散を狙った動線設計とか、

まぁ色々あるけど他でもそれは考察やってるから置いておくとして、

僕からは「リサーチは相手の頭の中にある言葉から」と言うことを…。

 

 

 

 

 

だから「あるあるネタ」最強説なんだってば。

 

 

 

 

 

本当に何度も何度も書いてるかも知れませんが、

やっぱりリサーチはターゲットの相手の中にある言葉を知りにいく行為なんですよね。

 

 

たまたま今日、とあるビジネスの勉強会に参加してて、グループワークをやりました。

 

 

意見をシェアするとき、自社に置き換えてマーケティングプランを実践するとなったら、、、なんて発表の時に、

得てして支離滅裂なことを言いだしたり、

話が明後日の方向に行ったり、

しどろもどろになったりしてる人の、

大体の共通点は、

 

 

 

 

 

自分のターゲットが誰か、そもそもで分かっていない。

 

 

 

 

 

お金をくれる人が全員ターゲットだったり、

そもそも、自分が売りたいものを、どうやって売りたいか?

 

みたいに、もう圧倒的な勢いで「買い手不在感」が半端ないです。

 

この動画は最後に衝撃のオチがあるわけですが、

”それ”を買う層でもあり、

かつ、

最大限拡散するようなキャッチーな「合コン」と言う舞台をベースにプロモーションを組み立ててるんだと思います。

 

「顧客の頭の中にある言葉からスタート」していながら、

かなりここ数年のSNSで拡散したトレンドや、

ターゲット層の趣味嗜好や周辺情報を緻密にリサーチしたんじゃないでしょうか。

(水曜日のカンパネラ風なゆる女子ラップ風ボーカルも?)

 

何よりこの歌詞もすごくないですか?

電通か博報堂のクリエイターさんのようなのですが、

センスがずば抜けてますよね。

 

”戦略ぶりっ子でモテる女の「あいうえお」”

”リアクション3倍でデキる女の「さしすせそ」”

などなど。

 

 

 

 

 

確かにこの歌詞のセンスは凄いものがあるよねってのは感じますが、

そもそものコンセプトがしっかりあってるので、

その土台の上にコピーライティングが乗って破壊力が累乗になったと言うイメージです。

 

 

しかも4月からすでに出てたんですね。。。

 

知らなかった。。。

 

今日だけで何回リピートしたことか。。。

 

リサーチは相手の頭の中からスタート。

 

 

 

あらい

 

PS1:

ウケのよかったメルマガ10選。

新井を借金苦から解放させた犯人がこの人です。

勝手にコンサルやってみた その1 近所の靴屋

勝手にコンサルやってみた その2 サンキューレター

勝手にコンサルやってみた その3 FB広告のディスプレイ

婚活イベント体験レポート。 〜売るためには売られなくちゃいけない〜

やりながらうまくなれ。

ミドリムシの話。

ホームページを電話で売る人たち。

「私みたいな凡人でも出来たんだから、きっとあなたにも出来ますよ」、、、これマジか?

下手なままの自分を買ってくれる人はどこにいるんだろう?

 

 

PS

無料レポート

 

webやネットを使わずに低コストで売上が今すぐ上がってしまう5つの方法

絶賛プレゼント中

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*