トップセールスの共通点。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

 

From:新井翔平

 

 

「紹介してくれたらお金あげます。」

 

 

先日名刺交換した人で、

不動産オーナーの為に損害保険を、

損保会社からうまく引き出す(?)

コンサルティング会社の営業マンがいた。

 

まだまだ若く、この仕事を始めたのもつい2~3か月前だそう。

 

 

営業は初めてで、この前は全く畑の違うお仕事をしていたみたい。

 

 

すごく気になったのが、

名刺交換の時に簡単に事業を説明してもらって、

 

最後に

 

「お仕事につながる方をご紹介してくださいましたら、

お金の方もきちんと報酬が出ますので」

 

的なことを

 

正直ちょっとイヤらしい、

悪代官みたいな顔つきで言ってた。

 

 

 

これってどう思います?汗

 

 

誤解のないようにお伝えすると、多分彼は悪くない。

 

 

おそらく彼のいる業界や、会社で、

ごくごく普通に、

さらっと教育されて、

そう言って名刺交換することが常識だと思っているんだと思う。

 

 

ただ、それを聞いて僕は反射的に、

 

「うわ、なんか応援したくねぇなぁー、、、」

 

と思ってしまった笑

 

 

僕のメンターの中村仁さん(http://goo.gl/uod8UY)と先日話していた時、

 

「やっぱりトップセールスマンって、

押しの強さや売り込みのうまさとかじゃなくて、

『人から応援してもらえる力』ですよね」

 

といった話になってその場でそうですよねって盛り上がった。

 

 

テクニックとかじゃないけど、

テクニックとして使うべきじゃないけど、

どうせなら、

 

 

「知らないばかりに損をしている、

保険料を払い続ける不動産オーナーに、

適切に保障を受け取ってもらい、

設備の維持やメンテナンスをしてもらって、

住む人にとっても安心安全を届けている仕事です。」

 

 

「実際の損保会社はTVCMじゃ良いこと言ってますけど、

何かにつけて保障を払わないようにするのはすごく巧みなんです。

そんな人たちから善良な不動産オーナーを守るのが僕たちの仕事です。」

 

 

「もし近くに、僕たちが守れる方がいらっしゃれば教えてください。」

 

 

ちょっと長いな笑

 

 

でも、こんな感じの表現だったら、

 

 

「へ〜、

いいやん」

 

って僕は多分なる笑

 

 

「紹介してくれたら金あげます」

 

 

よりだいぶ大義名分があると思う。

 

 

「共通の敵」を打ち出すことで、なんだか応援したくなってくるのが人の心理。

 

 

これはテクニックとかじゃなくて、

 

 

本当にそんなセルフイメージで自分のビジネスをやることが大事。

 

 

あなたのビジネスは、社会にどんな価値を届けていますか?

 

 

誰のどんな痛みを救うことができますか?

 

 

応援してもらえそうな適切なメッセージはありますか??

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*