ハローワークで感じたそれは、将来の成功の布石だ。有り難くもらっとけ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

From:マーケティングコンサルタント新井翔平

 

 

 

 

 

先日、渋谷で同い年のある人のセミナーに参加した時のこと。。。

 

 

 

 

 

まぁ、

 

 

この方なんですが、

 

 

 

 

 

 

 

詳しい紹介はここをご覧頂くとして。。。

 

 

若くして「起業コンサルタント」として実績を出され、

単なるセミナーではなく、「セミナーツアー」と称して全国を飛び回り、

現在は月の半分近くをインドネシアで過ごしながら現地法人設立に向けて活動中の、

コンサルタントというよりも、まさに起業家な阪井さん。

 

 

またこの人がやろうとしてるインドネシアでのビジネスがこれまた痛快で、

大人たちやMBAやマーケティング理論を知ってる連中が、

論理的に考えれば、「本当はそうするのがイイよね」ってなるんです。

 

 

 

でも、「それ」をやるためには、

「時間」

「勇気」

「根性」

「人脈」

「お金」

あらゆるリソースが必要になってくる。

 

 

 

 

 

特に「勇気」と「根性」。

 

 

 

 

 

海外で何かをしようとすれば、

日本にいる時よりも、

倍近い急勾配な「下りのエスカレーター」を逆走しなくちゃならんわけです。

 

 

 

この時の「下りのエスカレーター」は、

たとえ大企業が大資本を投下しても、

たとえ東大京大早慶一橋のエリート人材を現地に派遣したとしても、、、

 

 

 

 

 

本気になった白昼夢を見る1人の愚か者には敵わない。

 

 

 

 

 

ことの方が多いと思います。

 

 

覚悟が違うんですよ。

(新井、グーで胸をトントンってする…)

 

 

覚悟が。

(新井、グーで胸をトントンってする…)

 

 

うん、

覚悟が。

(新井、グーで胸をトントンってする…)

 

 

 

阪井さんが今、何をしている人か?

ではなく、

「必ずやる」方なので、

今から知っておいた方がいいと思いますよ。

阪井さんのメルマガ

 

 

 

 

 

ヨイショし過ぎた笑

 

 

 

 

 

セミナーの内容は割愛するとして…(爆)

 

 

(めっちゃ良かったですよ。

独立する時に集客からみんな始めて消えていくけど、

コアになるコンセプト、ポジションが据わってなければ、

穴の空いたバケツですからね。

このバケツのまま多くの起業塾は大量投稿、

大量行動、高額受講料を要求するんです。

そーいう邪道なニセモノを全部駆逐してもらいたいですね。)

 

 

 

 

 

20代でリストラに遭った時、ハローワークに行ったんですって。

 

 

 

 

 

 

クリスマスの日にネットワークビジネスが

会社にバレてクビになったエピソードは既出なので 笑

 

 

その後、ハローワークに行った時期があって、

 

 

 

 

阪井さん曰く、

 

 

 

あれは、、、

ナカナカですよ、、、苦笑

 

 

 

 

そうなんですよ。

 

 

 

ハローワークで失業手当の手続きや、

給付を受け取る列に並ぶ時のあの感覚って、、、

 

 

 

 

 

「ナカナカ」なんですよ…苦笑

 

 

 

 

 

なんというか、こう、、

 

 

自分が「社会」のお荷物というか、

 

 

周囲の視線とか、

 

 

20代でここに並んでる場違い感とか、

 

 

知り合いがいないかどうか怯える気持ちとか、

 

 

自分の実力はこんなものじゃないはずなのに…って思いたい感覚とか、

 

 

不甲斐なさ、

 

 

やるせなさ、、

 

 

憤り、、、

 

 

無力感、、、、

 

 

情けなさ、、、、、

 

 

 

 

 

いろんなものがこみ上げて、その場に立ってるだけでエネルギーが吸い取られるあの感覚。

 

 

 

 

 

これはね、

経験しなきゃ分からないですよ笑。

 

 

僕も27歳の時でした。

 

 

当時住んでた谷町四丁目の阪神高速下にあるハローワーク東はなんか、

空気が重たい気がしたなぁ。。。

 

 

給付金の受け取り方セミナーみたいなのを1時間ほど受けるのですが、

(前提としては有り難いんですよ?もちろんね。税金ですからね。)

 

セルフイメージを下げさせる、結構なパワーがある空間です笑

 

 

 

でもね、

苦い体験だったかもしれないけれどね、

 

 

思ったんですよ。

 

 

セミナー中に阪井さんがその話をしたときに、

 

 

 

 

 

この人が今キラキラ輝いてるのは、「あの空気」や「あの感情」を本当に知ってるからなんだろな。って。

 

 

 

 

 

困ったときに、

ハローワークを使うか使わないかは、

個人の「選択」だから、

あの場所に「良い」とか「悪い」とかは一切ありませんよ。

 

嫌なら使わなければ良いんですからね。

 

 

 

でも、

 

自分の将来に希望が持てない…

 

来月の家賃どうしよう…

 

自分は社会から必要とされてないんじゃないだろうか…

 

何をやっても無理なんじゃないかな…

 

そんな、

 

 

 

 

 

地べた這うようなところからスタートして、

 

 

 

 

 

今の自分に出来ることから始めて、

 

勇敢にリスクを取ってステージを少しずつ上げて、

 

目の前の人を勝たせることにフォーカスして、

 

一つ一つ、

 

やることをやって、

 

その積み重ねがあるから、

 

 

 

 

 

あの人の言う言葉は重い。たとえ若くたって。

 

 

 

 

 

だから、

 

もしこれを偶然読んでるあなたが、

 

自分の無力感にさいなまれていたり、

 

希望を持つ勇気が持てなかったり、

 

社会から必要とされてないんじゃないだろうかとか、

 

可能性を閉ざした方が楽なんじゃないかなとか、

 

暗い暗い、

 

暗い沼の中でもがいているなら、、、

 

 

 

 

 

「その感情」は将来の成功の布石だ。有り難くもらっとけ。

 

 

 

 

 

マーケティングの話で何度か言ってるけど、

人は「広告」は嫌いだけど、

「物語」は大好きです。

 

 

 

その「物語」の中でも、

最高に反応が取れる「物語」が、

 

 

 

 

 

「負け犬がヒーローに。」

 

 

 

 

 

エリートが成功したって面白くないんすよ。

 

 

当然じゃないですか。

 

 

今のあなたの負け犬エピソードは、

同じく暗闇で、

沼の中でもがく、

将来の誰かを勇気づけることが出来る、

最高の「物語」のスタート地点にいるわけです。

 

 

 

 

 

お前がやらなくて誰がやるんだ。

 

 

 

 

 

「その感情」は将来の成功の布石だ。有り難くもらっとけ。

 

 

 

 

 

あらいずむ あらい

 

 

 

 

PS1:

ウケのよかったメルマガ10選。

新井を借金苦から解放させた犯人がこの人です。

勝手にコンサルやってみた その1 近所の靴屋

勝手にコンサルやってみた その2 サンキューレター

勝手にコンサルやってみた その3 FB広告のディスプレイ

婚活イベント体験レポート。 〜売るためには売られなくちゃいけない〜

やりながらうまくなれ。

ミドリムシの話。

ホームページを電話で売る人たち。

「私みたいな凡人でも出来たんだから、きっとあなたにも出来ますよ」、、、これマジか?

下手なままの自分を買ってくれる人はどこにいるんだろう?

 

 

PS

無料レポート

 

webやネットを使わずに低コストで売上が今すぐ上がってしまう5つの方法

絶賛プレゼント中

 

—————————————————————————
【ご感想はこちらから】→ info@shoheiarai.com
皆様からのご感想、とっても楽しみにしています^^
—————————————————————————
◎以下、当社サービスです。

(1) 6ヶ月集客仕組み作りコンサル

(2) WEB新規集客代行(リスティング広告運用)

(3) BtoB新規集客Faxdm代行

(4) 採用特化広告運用代行(indeed利用)

(5) 歯科医院6ヶ月増益コンサルティング

(6) 完全問合せ獲得型WEBサイト制作

ご質問・お問い合わせはこちらから info@shoheiarai.com

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*