ミドリムシの話。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

From:新井翔平

 

 

 

 

今日は、今通っているNo.1コンサルスター養成塾の5回目講義の日。

 

朝からの参加なので強制的に一日潰れてしまう。

 

 

 

なので翌日は必ず終日作業日にして、クライアントのコピー制作やリサーチなどに充てるようにしてます。

 

 

 

 

 

 

ミドリムシの話。

 

 

 

 

毎回ですね、

遠藤晃先生の例話がシビれるんです。

 

 

 

これ系の話ね、僕めっちゃ好きです。

 

 

 

 

↑これ系ね。

 

(夜明け前が一番暗いんだぞ系の話ね)

 

 

 

 

 

あきらめそうになる時。

 

 

 

 

 

成果を信じて頑張ってきた。

やれるだけのことはやってきた。

もうそろそろ認められてもいいんじゃないかと思う。

もうそろそろ楽になってもいいんじゃないかと思う。

いつまで頑張ればいいのかが見えない。。。

俺の努力って無駄だったんじゃないか?って疑いたくなってくる。

あきらめて実家に帰ろうかな?

辞めて楽になろうかな?

このやり方じゃうまくいかないんじゃないかな?

もう広告打つのやめようかな?

もうテスト改善やめようかな?

どれだけ頑張っても、成果が出ない時。

 

 

 

あきらめたくなると思います。

 

 

 

 

 

単細胞生物のおさらい。

 

 

 

 
ミドリムシって知ってます?

 

 

 

こいつらね、

1日経つと、

2匹に増えてるんですよ。

 

 

 

もう一日経つと、

4匹に増えてんすよ。

 

 

 

次の日は、8匹。

 

 

 

次は16匹って、、、

 

 

 

 

 

 

細胞分裂を繰り返す。

 

 

 

 

ぢゃあここで例え話です。

 

 

 

 

 

31日後に、ミドリムシで100%一面一杯になる池があるとします。

 

 

 

 

 

Q1、 30日目は何%ミドリムシが占めていますか?

 

 

 

 

 

A、50%がミドリムシで占められている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q2、 29日目の池はどんな様子ですか?

 

 

 

A、25% ( 1/4 ) がミドリムシで占められている。

 

 

 

 

 

 

 

 

ぢゃ、

 

 

 

 

28日目は?

 

 

 

 

12.5% ( 1/8 ) 。

 

 

27日目は 1/16。

 

 

26日目は 1/32。

 

 

25日目は 1.56% ( 1/64 )。。。。

 

 

 

 

 

この「池」に「ミドリムシ」が「31日」かけて増殖していく様子ってまさに、

 

 

 

これじゃねーか?

 

 

 

 

 

 
ってことですよ。

極端な話をすると、

1日目から25日目なんて、、、、

 

 

 

 

 

ゴミカス以下の「変化量」でしかない。

 

 

 

 

25日かかっても、

1.5%しか占有できなかったら、

あなたがミドリムシだったらどんな気分ですか?

あきらめます?

でもね、

 

 

 

成功は31日間あるうちの、27・28日目あたりからスタートする。

 

 

 

 

 

何も知らない人からしたら、

突如として、28日目に12.5%。

29日目に25%。

30日目に50%。。。

 

 

と、

羽柴秀吉の「一夜城」みたく、

 

 

 

 

 

彗星のごとくスターが現れたかのように他人からは映る。

 

 

 

 

 

「どうしてそんな急に成果が出るようになったの?」

そんなトンチンカンな質問も来るかも知れないけど、

それも全部、

 

 

 

 

あの恵まれない26日間があったからこその話。

 

 

 

 

(・∀・)

 

 

 

変化や、

 

流行り廃りや、

 

移ろいのスピードが早い時代だからといって、

結果が出るまでの時間も早くなるって考えていませんか?

 

 

 

そりゃ多少は便利な道具などの出現によって以前よりは「早く」なった時代なのかも知れません。

 

 

でも、

そもそもの話、

 

投入した労力と、

 

その結果が出るまでには、

 

 

 

タイムラグがつきもの。

 

 

 

 

なわけです。

そのタイムラグを我慢できる、
あるいは、乗り越える道具として、

自分のビジネスに対する「信念」や「ワクワクする情熱の源泉」が大事になって来るんじゃないかなって、

 

新井は思います。

 

 

何か、

頑張っている何かが今あって、

「もう頑張れない」って思ってるなら、

あと1日続けてみたら、

何か違った世界が見えるかも知れませんよ?

 

 

 

 

ミドリムシアライ

 

 

P.S.

 

 

無料レポート

 

webやネットを使わずに低コストで売上が今すぐ上がってしまう5つの方法

絶賛プレゼント中

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*