失敗するDM。 ~俺の知ったことか!~

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

 

From:マーケティングコンサルタント 新井翔平

 

 

 

 

 

レット・バトラーって知ってます?

 

 

 

 

 

大作「風と共に去りぬ」の名俳優クラーク・ゲーブルですね。

 

 

まぁ、

 

 

もう、

 

 

カッコイイのなんの。

 

 

 

この映画の最後に彼が言い放つ名台詞が、

 

 

「Frankly, my dear, I don’t give a damn.」

 

“俺の知ったことじゃない”

 

 

 

 

です。

 

 

 

レットはめちゃめちゃいい男なのに、散々振り回して、

甲斐性無しの別の男 (アシュレイ)に目が行ったり、

最後に愛想を尽かされてから、ヒロインのスカーレット・オハラは、

 

 

 

 

 

「明日のことは明日考えましょう!」

 

 

 

 

 

タラがあるわ!

私には故郷のタラがある!

そして彼が戻ってくる方法を帰ってから考えよう。

明日のことは明日考えましょう

 

 

そう言ってこの映画の〆となります。

 

これも、名セリフと言われるのですが、まぁ何か、

分かるような分からんような、なんかそんな感じです。

 

 

 

 

 

ウチのポストに届いてた一通のDM。

 

 

 

 

 

どうしようか本当に迷ったんですよねー。

 

好評の「勝手にコンサルやってみたシリーズ」として挙げようか挙げまいか。

 

 

勝手にコンサルやってみた。その1
~近所の靴屋さん~

勝手にコンサルやってみた。その2
~サンキューレター~

勝手にコンサルやってみた。その3
~FB広告のディスプレイ~

勝手にコンサルやってみた。その4
~松山の自動車整備屋さん~

 

 

ただどうもぶっちゃけこの会社、ちょっと、、、、なので、

 

 

このまんま晒そうと思います ^ ^ ♪

 

 

 

 

 

オフィス移転のご案内。

 

 

 

 

 

ドン!

 

 

 

ドドン!!

 

 

 

 

 

 

オフィス移転のご案内

 

”業務拡大および入居ビルの解体に伴い、

本社オフィスを移転いたしました。

花の銀座8丁目の並木通り。

昼も夜も「花」の大変よく似合う

場所柄でございます。

これを機に、社員一同より一層の

努力をして参る所存でございますので、

何卒倍旧のご支援を賜りますよう

お願い申し上げます。

これからも全力で走ります!

ファーストヴィレッジ株式会社

代表取締役社長 市村洋文”

新しい連絡先、、、○×△□。。。

 

 

 

これを読んだ時の僕の感想は、、、

 

 

 

 

 

「俺の知ったことか!!!!!!!!( ゚Д゚)ドルァァァァァァァ!!」

 

 

 

 

 

だいたいまず、検索エンジンで

「ファーストヴィレッジ株式会社」って調べた時からすでに笑える。

 

 

 

TOPページのメタタイトルが「市村洋文によるファーストヴィレッジ」て、、、。

 

しかも他に特に紛らわしい「ファーストヴィレッジ」があるワケでもない。

 

 

社長のアメブロを見ても、

 

自分で自分のことを「いっちゃん」とか「伝説の営業マン」とか言ってて、

 

軽く「この人大丈夫かな?」と思わせる”何か”がある。

 

 

 

 

 

セミナールームでもあるのか?

 

 

 

 

 

業務内容としては、「ビジネスマッチング」を行っている会社とのこと。

 

 

(そもそも、ビジネスマッチング系の会社は、マッチングすることによって収入を得ているのは極めて少ない。

加盟していればマッチングするかも、って匂わせて会費収入になってるのがほとんど。

よって、退会スピードよりも新規開拓営業スピードが上回っていればマッチングさせなくても存立できる。)

 

 

もしセミナールームとかがあって、顧客が頻繁にオフィスを出入りするのなら、

DMで案内をしておく意味は分かる。

 

 

間取り。

 

 

 

これだけじゃよく分からんが、多分セミナールームとかも無いんじゃないだろうか。

 

 

だいたいそもそも、この会社、ちょっとイメージが良くなくて、

去年確か、何かで参加した交流会で、

営業マンと名刺交換して、

その翌日から鬼のように電話営業がかかってきた。

「きっと新井様のお役にたつと思うのでセミナーに来ませんか?!!」

みたいなやつ。

 

 

しかもその時誘われたセミナーが、

電通だったか博報堂だったかの、

「マスマーケティングとブランディング、最新のイノベーティブアドバタイジングなんちゃらネットワークほにゃらら、、」

みたいな、いかにも「俺業界人ですが?」みたいなやつがウヨウヨいそうで、

なんか分かったような分からんようなヒマな話を聞かされそうなセミナーを、

ダイレクトレスポンスのマーケターの俺に向かって、

 

「きっと勉強になると思うので」

 

みたいに言ってきやがった。。お、仰って頂きましたm(_ _ )m。

(まぁ食わず嫌いは良くありませんよ、とご教示くださったのでしょう…

その節は未熟者ですみませんでした。)

 

 

 

だいたいまず、

経営者向けの交流会に普通の給与所得営業マンが参加して、

名刺交換して、

翌日電話でいきなりセールスって、

僕はマナー違反だと思う。

 

 

 

 

 

このDMを送って、どんな効果を得たかったのでしょう?

 

 

 

 

 

相手に、どんな感情になってもらいたかったのでしょう?

 

例えば僕だったら、「オファー」を必ず付ける。

 

 

例えば、

 

「皆様のおかげさまで業務拡大が出来るようになり、

この度オフィスを移転しました。

いつも支えて頂いて本当にありがとうございます。

日頃の感謝を込めて当社商品が1,000円引きになる金券をお送りさせて下さい。

セミナーでもマッチング交流会でも、DVD教材でも、

何でも好きな商品にお使い頂けます。」

 

 

こんな風にでもやりゃ、

 

全く行く気もなかったのに、

 

「1回だけ、まぁ、行ってみてもいいかなぁ」

 

と思う人だっているかも知れない。

(俺は行かねーけど)

 

 

 

別に「オファー」はEブックや無料レポートのプレゼントとかって言って、

メルマガ登録してもらうことでもいい。

 

 

 

「安売りに抵抗がある」

って言う人が後を絶ちませんが、

 

 

 

 

 

本当に落としたい女の子がいたらサイゼリヤや地元の居酒屋よりも、オシャレな恵比寿のフレンチレストランに連れて言ってちゃんとお金も出すでしょ。

 

 

 

 

 

デートだったら普通のことがなんでビジネスだと「別物」だと考えるんでしょうね。

 

 

 

 

 

とりあえず、

 

ファーストヴィレッジさん。

 

 

 

 

お引っ越し、おめでとうございます。

 

 

 

でも、

 

 

 

俺の知ったことか。

 

 

 

レット・バトラーになりたい  あらい

 

 

 

 

PS1:

ウケのよかったメルマガ10選。

新井を借金苦から解放させた犯人がこの人です。

勝手にコンサルやってみた その1 近所の靴屋

勝手にコンサルやってみた その2 サンキューレター

勝手にコンサルやってみた その3 FB広告のディスプレイ

婚活イベント体験レポート。 〜売るためには売られなくちゃいけない〜

やりながらうまくなれ。

ミドリムシの話。

ホームページを電話で売る人たち。

「私みたいな凡人でも出来たんだから、きっとあなたにも出来ますよ」、、、これマジか?

下手なままの自分を買ってくれる人はどこにいるんだろう?

 

 

PS

無料レポート

 

webやネットを使わずに低コストで売上が今すぐ上がってしまう5つの方法

絶賛プレゼント中

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*