開封率ほぼ100%。精読率もほぼ100%。日本文化が生んだ怪物メディア。それが、、、

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

From:新井翔平

 

 

マーケティングの師匠が言ってた言葉の一つにこういうものがあった。

 

 

 

「マーケターの仕事はDMを送る『理由』を作ること。」

 

 

 

当時はよく意味が分からなかった。

 

 

でも今なら何となく分かる。

 

 

 

 

以前、営業マン時代、

 

 

 

商談が終わってから、上司への電話報告で、

「すみません、取れませんでした。」

「でも、『今』じゃないっぽいです。」

「きちんとフォローします。」

的なやりとりが、よくあった。

 

 

 

とは言いつつ、、、

 

 

 

きちんとフォローをやり切った試しがない笑

 

 

 

ってか「フォロー」って何だ?

 

定期的に電話すんのか?

 

どんな電話だ?

 

「そろそろですか?」

 

「ぼちぼち買います?」

 

とか電話ですんのか?

 

どれくらいの頻度でやるんだ?

 

毎月か?

 

 

絶対ウザがられる。

 

 

 

男女関係で言うと、、、

 

 

 

「そろそろいいだろ?」

 

 

 

的なLINEが定期的に届くようなもの笑

 

そいつ絶対キモイ。笑

 

 

マーケティングの要諦(肝心カナメ)は、

「買う手前の人たち」を集め、

「買う人」に育てていくことに一面、ある。

 

 

「買う手前の人たち」がある程度、不快でなく、営業マンからの”圧”を感じることなく、心地よいくらいの”距離感”で、付かず離れず、フォローしていく必要がある。

 

 

必要性が生じた時。

 

 

欲しくなった時。

 

 

ライバルではなく、あなたの顔が思い浮かぶポジションに、

い続ける必要がある。

 

 

 

その為に大事になるのが、、、

 

 

 

DMを送る理由。

 

 

 

めちゃめちゃ使える理由は、

 

「買ってくれてありがとう」

→ サンキューレター

 

「誕生日おめでとう」

→ バースデーレター

 

「初回の取引からちょうど1年です」

→ 記念日レター

 

 

「バースデーレター」と「記念日レター」を使い、

月刊のニュースレターを送れば年間で14回、

顧客の元にDMを送る「理由」を作ることが出来るようになる。

 

 

ケネディは年間で20回以上、顧客の元にDMを送れと言ってるけど、それはダイレクトレスポンスマーケティングが行き過ぎたアメリカでの話でもあると思う。

 

 

日本向けにアジャストするなら、12回〜15回送れれば、まぁ「顧客の脳内シェア」を占有し、あなたの「脳内SEO対策」としては十分なのではないかと思う。

 

もちろんもっとやってもいい。

 

 

ただ、これらはどこかビジネスとしての匂いが残ると言うか、突然始めたら、「何?」と思われることもあるかも知れない(僕からしたら関係ないけど)。

 

そんな時に使える、最強のDMを送る理由がたった1つだけある。

 

 

しかもほぼ開封率、精読率ともに100%に近い、化け物の様なメディア。

 

 

日本の文化に食い込んでいる為、何の疑いもなく「読み始める」。

 

 

 

それが、、、

 

 

 

年賀状。

 

 

 

特に関係性が途絶えた人に「思い出してもらう」とかにも使える。

 

しかも、新年という効果も相まって、その年賀状の中で「今年からは精力的に頑張っていきます宣言」でもやっておけば、

その次の月から毎月毎月何かが届いても、何ら違和感はない。

 

売り込みを載せるのは流石に「品」がない。

 

 

ここで大事になってくるのは、やっぱり、

 

 

 

好意性。

 

 

 

ライバルはどうせ印刷で済ますだろうから、出来るだけ「手書き」で送りたい。

 

そして顔写真も載せて、改めて「覚えて」もらいたい。

 

昨年から新しいことに取り組み始めているのなら、それにかける「熱い想い」を語ればいい。

 

「今年からは一生懸命あなたにもお役に立てる様に頑張る」的な熱いメッセージも添えていればいいだろう。

 

今年も残り40日前後。

 

年賀状の締め切りまで35日間くらい。

 

 

関係性を特に復活させたい、元優良顧客や、既存の優良顧客を100名でもリストアップすれば、1日3通想いを込めて書き始めれば間に合う。

 

 

この最強のメディアを使えるチャンスを逃さない様にしよう。

 

 

 

あらい

 

 

P.S.

 

 

無料レポート

 

webやネットを使わずに低コストで売上が今すぐ上がってしまう5つの方法

絶賛プレゼント中

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*