闇金ウシジマくん、フリーエージェントくん篇に見る社会に価値を届けないビジネスの虚しさ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

 

From:新井翔平

 

 

ホリエモンが、「絶対読んだ方がいい」って言うからさ、読んじゃいました。

 

闇金ウシジマくん。

 

調べたら38巻あるとのことなので、全部は大変だからちょいちょいつまみ読みしながら。

 

それぞれ独立したエピソードが、短ければ5話とか、長ければ30話とかで単発であるので、最初の数巻と一番読みたかった『フリーエージェントくん篇』を読みました。

 

 

 

基本、テンション下がります。

 

 

 

「なにわ金融道」という消費者金融(というか闇金)漫画が、今まで僕にとっての一番の社会の教科書でしたが、

 

なるほど、ウシジマくん。

 

君も僕の社会の教科書に殿堂入りだよ。

 

 

なんせ作者はよくインタビューしてると思います。

 

 

どういった人が消費者金融でお金をつまむのか。

 

パチンコ依存症の奥さん。

 

田舎から出てきた自己肯定力の低い周囲に生活水準を合わせることで安心感を得るOL。

 

ホストに依存するキャバ嬢。

 

 

いろんなキャラクターがそれぞれのエピソードで、かなりリアルに、消費者金融にお金を借りに行ってしまう模様が描かれています。

 

僕たち自身も、いつこっち側に来てもおかしくないんだなと、えらくリアリティのあるストーリーで思わせる話です。

 

 

毎回、「回収」の時が色々と、、

エグいです。

特に若い女の子を風俗に沈めて覚せい剤漬けにするところとかは。。。

 

 

そんな中、

 

 

 

『フリーエージェントくん君篇』とは?

 

 

 

与沢翼の隆盛から凋落をオマージュしたストーリーです。

 

一時期ネオヒルズ族とか言って、秒速で億を稼ぐ、と言い張っていた、あの界隈の話ですね。

 

 

主人公は、日給8,000円の肉体労働で生計を立てる、毎日将来への不安に苛まれる、一人の青年。

 

 

彼が不労所得、成功を目指して、『情報商材ビジネス』にハマっていく様が今回もリアルに描かれていました。

 

ビジネスモデルや細かなところは、是非興味があれば読んでみてください。

 

単行本の30巻から32巻です。

 

僕の感想は、、、

 

 

 

顧客からの「ありがとう」がどこにも介在しないビジネスって、やっぱり虚しいよね。

 

 

 

結局、

「楽して儲けたい人」が

「より情報弱者の楽して儲けたい人」を集めて、

彼らからお金を巻き上げ、そいつらが

「さらにもっと情報弱者の楽して儲けたい人」をカモにして、

下へ下へ行って、

最後はそのコミュニティ全体が地盤沈下して崩壊しちゃった。

って図です。

 

 

誰も「社会」を見てないんですよ。

 

誰も「市場」を見てないんですよ。

 

誰もやってて楽しくないんですよ。

 

誰も、自分の内側からくるワクワクに耳を傾けてないんですよ。

 

どうやったらもっとこの社会に価値を届けることが出来るかな?

 

より良くすることができるかな?

 

そんな視点どこにもありません。

 

ただ、いかに巻き上げられるか?ってことだけ。

 

 

 

最後、

 

 

 

主人公の青年はそのことに気づき、すべての過ちを清算して、田舎に引っ越し、地方再生のビジネスを始めます。

 

 

ネット、ブログ、アフィリエイト、、、

 

 

手に入れたそれらのスキルを駆使して、地方に都会の若者を集めて

「その地方にとっても」

また、

「若者にとっても」

価値ある体験を生むことにフォーカスし始めたところで物語は終わります。

 

 

きっと彼は、毎晩ぐっすり眠れる日々を送るのでしょう。

 

 

六本木ヒ○ズにいた時と違って笑

 

 

 

 

「あぁ~今日もいい仕事した。明日も楽しみだな。」

 

 

 

そう言ってベッドにつける毎日を送りたいと改めて思わせてくれました。

 

今、

僕にとってのそれはマーケティングです。

 

また、コーチングです。

 

 

本人さえも気づいていなかった、自分自身が気持ち良い生き方に目覚めてもらう。

 

 

単に自分が気持ち良いだけだと自己満足になるから、そのビジョンを元に、収益化するプロセスを作る。

 

クライアントのビジネスがそこに近づく様を見ることが出来れば、「いい仕事したな」って思うことが出来ます。

 

 

 

あなたにとって、最後にニタニタしながらぐっすり眠れる1日ってどんな日ですか?

 

 

 

誰に何を提供し、

どんな喜びを感じてもらって、

何て言われたいですか?

 

 

 

お金を稼ぐって大変です。

生きていくって大変です。

めんどくさいこともし続けないといけません。

 

 

 

それらの苦労が一瞬で消え去るような、

充実感を得られる顧客からの言葉はどんなものでしょうか?

 

 

 

言語化してみるとあなたのミッションが見えてくるかも知れません。

 

 

 

あらい

 

PS:

無料相談を始めようと思います。
【事例】
✔︎ コンサルタントがたった53,580円のFAX通信コストで60件の反応を獲得して、3か月で200万円の売上
✔︎ 治療院先生が15,600円分のハガキDMで27名の患者を集める
✔︎ 美容室オーナーがオリコミチラシで30日で41人の新規客を集客
✔︎ 生保営業マンが既顧客100人にニュースレターで3件の紹介を獲得
などなど。。。

あまり難しく集客を考えないでください。

ネットを使えないイケナイ、

なんて嘘です。

業者に騙されてるだけです。

まずは手書きのハガキを既存客に出してあげてください。

喜びます。

紙とペンと切手から集客は出来ます。

既存客が喜べば、

勝手に新規は集まります(極論!)。

長くなりそうだから、

詳しくはこちらで、、、

まずは月5名まででお願いします。
無料相談お問い合わせ

無料相談お問い合わせ
お名前  *
Eメール  *
TEL  *
会社名  *
ご相談内容  *

PPS:
メルマガ登録はこちらから^^!!

メルマガ【マーケティング習慣】
名前  *
Eメール  *
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*