96%の庶民に「予防」は売れない。逆に、「予防」を買わないから庶民なのである。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

From:マーケティングコンサルタント新井翔平

 

 

 

 

 

こんな仕事をやってると多々あるのが、、、

 

 

 

 

「もっと早く言ってよォ~。。。 o(TヘTo) 」

 

 

 

 

なケース。

 

 

例えば、

100万円かけてLP(ランディングページ)を作っちゃって、

その後いくら運用してもコンバージョン(成約)しないから、

 

今の業者に代わって運用して貰えませんか?

 

みたいな場合。

 

 

そもそも僕らの仕事で「集客」って結構な割合でほとんどが

「川下」

の作業であって(テスト改善という長い闘いがありますが…)。

「川上」に位置するのが、

リサーチや、

ポジショニングや、

コンセプトが存在するわけです。

 

 

100万かけようが、

200万かけようが、

ポジションやコンセプトがおかしなLPはいくら広告費をかけたって売れないですよね。。。

 

 

「川下」だけいくらテクニックでいじっても残念ながら成果出ないものは出ません。。。

 

 

 

 

 

資金調達とかも分かりやすいですよね。

 

 

 

 

 

財務コンサルとかで、

「資金調達する!」ってなった時、

「資金繰りが危なくなってしまってる」時点で、

残念ながら借りれないケースが多くないですか?

 

 

だって銀行は、

「お金が無い会社」には貸したがりませんからね。。。

 

 

 

 

 

歯医者さんや治療家さんだってそう。

 

 

 

 

 

「何でこうなるまで放っておいた? o(#>д<)o 」

とよく嘆く治療家さんや歯科医さんを、

僕は仕事がら何人も知っています。

 

 

 

 

 

ハーバードサーベイって知ってます?

 

 

 

 

 

ハーバード大学の卒業生を追跡調査して、

60代で引退する時、

27%の人達は生活保護が必要な水準で暮らし、

60%の人達は経済的にギリギリの水準で暮らし、

10%の人達が経済的にそこそこな水準で暮らし、

3%の人達が経済的に自由な生活水準で暮らしていた、

みたいなお話です(だったと思う)。

 

 

 

 

 

80対20の法則は?

 

 

 

 

 

イタリアあたりの経済学者(?)パレートさんが見つけた法則ですね。

 

80%の成果は20%の行動から生み出される、

だとか、

売上の80%は20%の顧客が作ってくれる、

だとか、

成果に影響の小さい80%の行動を排除せよ、

みたいな論調で語られるのが多いのじゃ無いでしょうか。

 

この80対20の法則に、

もう一度80対20の法則をかけて、

96対4の法則というのが存在します。

 

(まことしやかにマーケター界隈では経験則で語られる)

 

「VIP顧客の割合は常に上位4%くらいで存在する」

 

みたいな。

 

 

 

 

 

はっきり言って不快かも知れませんが。。。

 

 

 

 

 

今日のタイトルはちょっと侮蔑っぽいかなと思って迷ったのですが、

(自分が非庶民だとか全く思ってません。僕もド真ん中の庶民です。)

どうしても経験則というか、

感覚値として「存在する」気がするので書きますね。。

 

 

 

 

 

人間にはランクが存在する。

 

 

 

 

 

僕らコンサルタントや、

経営者は、

ほとんどの場合、

「その領域」のプロです。

 

 

だから、

お客様が「本質的にいいこと」をしてるのか、

「本質的に悪いこと」をしてるのか、

一瞬でわかります。

 

 

「本質的にいいこと」の筆頭格が、

 

 

 

 

 

「予防」

 

 

 

 

 

ですよ。

やっぱり。

 

 

 

 

 

だから僕たちはお客様に「予防」を届けたい。

 

 

 

 

 

優しくて、

他人想いで、

いい経営者ほどそうですよね。

 

 

本当にいいものを届けたい。。

 

 

いいものを知ってほしい。。

 

 

そう思ってついつい「予防」を売りたくなってしまいます。

 

 

でも、

 

 

 

 

 

一般大衆に向けて「予防」を売るのは極めて難しい。

 

 

 

 

 

逆にもし彼らが、

「予防」を買う習慣を持っているのなら、

一般大衆や庶民という【ランク】では無いハズだと思うんです。

 

 

 

 

 

問題が起こる前に行動を起こせる人は全人類の3~4%程度。

 

 

 

 

 

問題が起こる前に、

行動を起こし、

先手先手で対処する「習慣」を持っているからこそ、

3%の人達は経済的な自由を手にし、

 

 

 

 

 

96~97%の人達は問題が起こってから行動をする。

 

 

 

 

 

この、

『大衆が持っている本質的な習慣』

が分かってくると、

自社の広告が、

どれだけ「無茶なこと」を言ってるかが分かってくると思いませんか?

 

 

 

 

 

いつの間にか買っちゃって、いつの間にか人生の質が上がっちゃってた。

 

 

 

 

 

こう思われるのが、

いや、

むしろ、

お客さんにさえも気づかれずに、

お客さんの人生の質を向上させるマーケティングが、

『美しいマーケティング』

だと思うのですが、

あなたはどう思いますか?

 

 

 

半分は人類愛でできてます あらい

 

 

 

PS1:

ウケのよかったメルマガ10選。

新井を借金苦から解放させた犯人がこの人です。

勝手にコンサルやってみた その1 近所の靴屋

勝手にコンサルやってみた その2 サンキューレター

勝手にコンサルやってみた その3 FB広告のディスプレイ

婚活イベント体験レポート。 〜売るためには売られなくちゃいけない〜

やりながらうまくなれ。

ミドリムシの話。

ホームページを電話で売る人たち。

「私みたいな凡人でも出来たんだから、きっとあなたにも出来ますよ」、、、これマジか?

下手なままの自分を買ってくれる人はどこにいるんだろう?

 

 

PS

無料レポート

 

webやネットを使わずに低コストで売上が今すぐ上がってしまう5つの方法

絶賛プレゼント中

 

—————————————————————————
【ご感想はこちらから】→ info@shoheiarai.com
皆様からのご感想、とっても楽しみにしています^^
—————————————————————————
◎以下、当社サービスです。

(1) 6ヶ月集客仕組み作りコンサル

(2) WEB新規集客代行(リスティング広告運用)

(3) BtoB新規集客Faxdm代行

(4) 採用特化広告運用代行(indeed利用)

(5) 歯科医院6ヶ月増益コンサルティング

(6) 完全問合せ獲得型WEBサイト制作

ご質問・お問い合わせはこちらから info@shoheiarai.com

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*