静岡で日本酒飲んで来たよ!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 

From:新井翔平

 

 

 

今朝9:30。

 

 

 

どん!

 

 

 

 

 

 

どんどん!!

 

 

 

 

 

 

静岡県は富士宮市の酒蔵、富士正酒造さんの蔵開きに行って来ました。

 

 

 

 

 

美味しいお酒(生酒)が実質飲み放題。

 

 

 

 

 

何杯飲んだんやろう。。。

 

 

 

 

夕方にして頭痛い、二日酔い。。。

 

 

朝4:30起きでしたからね。

 

 

 

しかも僕昨晩も川崎で0時まで前職の知り合いと飲んでて、

 

どんだけ呑むねーん、と。。。

 

 

 

 

酒蔵では

 

 

 

 

屋台が並び、

焼き魚も食べれたり、

 

 

 

角煮みたいなごっつい豚汁が食べれたり。

 

 

 

 

あいにく富士山はてっぺんが雲を被ってたけど、

色々楽しめました。

 

 

 

燗酒ってのが面白くて、

竹筒に酒を入れて、

筒ごとお湯で温めるってやつでした。

 

 

 

 

 

美味。

 

 

 

 

地域の人達とふれあってしまうと、もうダメ。

 

 

 

 

 

今日は杜氏(とうじ)さんはいませんでしたが、

酒蔵の蔵人(くらんど)さん達が出迎えて、

お客さん達にお酒を注いで回ってました。

 

 

 

年々地方からは若者がいなくなり、

杜氏も、技術の継承・後継がなされず、

日本の伝統技術の存続が危ぶまれています。

 

 

今年で8回目みたいですが、

こー言ったふれあいイベント。

 

 

 

 

効果的ですよね。

 

 

 

 

 

 

すごく愛着が湧いてしまいます。

 

 

 

僕は帰って来てソッコーで、

「杜氏」や「蔵人」について、、、

「酒造り」について、リサーチし始めました。

 

 

 

 

 

 

「飲め飲め〜」って、

なみなみ注いでくれた蔵人の顔が忘れられないんですよ。

 

おにぎり握ってくれた蔵人の奥さん衆の元気な声も素敵でした。

 

 

 

あと、富士正酒造のホームページの文章

 

これ、「商品説明」じゃなくって、

 

 

 

 

ストーリー

 

 

 

 

 

なんですよね。

 

下手に効果効能メリットを語るよりも、

 

共感を得るストーリー、

 

その商品が作られた理由、

 

作り手の想いというものは、

 

ここでもセールスに大きなエネルギーをもたらす気がしてなりません。

 

これからお土産で買って来た生酒で晩酌です^^

 

 

 

では〜

 

 

あらい

 

 

 

 

 

P.S.

 

 

無料レポート

 

webやネットを使わずに低コストで売上が今すぐ上がってしまう5つの方法

絶賛プレゼント中

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*